アトピーに酵素が効果的な理由は?免疫力がカギ

私たちの身体には、病原菌や毒素から体を守る
「免疫」という仕組みが備わっています。

免疫は、
一言で言えば体を守るためのシステムです。

体の外から侵入してきた
自分の体にとっての異物を排除する働きや、

がん細胞に代表される
自分の体の中で発生してしまった異常細胞の除去といった
重要な働きをしています。

免疫力が正常に働いていれば、病気を未然に防いでくれます。

つまり、
免疫の仕組みを理解すれば、
健康維持や病気の予防に役立つということになります。

●免疫力のほとんどは、血液中の白血球に存在しています。

このため白血球を「免疫細胞」とも呼んだりします。

「免疫細胞」は
骨髄、胸腺、リンパ節、血管、すい臓、腸などの
免疫系器官で作られます。

白血球はその役割に応じて
顆粒球、リンパ球、マクロファージなどの種類に分かれます。

●免疫系(免疫力)はバランスが命

免疫を語る上で、リンパ球と顆粒球のバランスはとても重要です。

リンパ球と顆粒球のバランスが極端に崩れると、
いろいろな疾病に見舞われます。

リラックスモードの副交感神経が優位になると
リンパ球が増え→アレルギーなどを引き起こし、

興奮モードの交感神経が優位になると
顆粒球が増え→ガンなど組織の破壊を引き起こします。

(安保徹教授(新潟大学大学院医歯学総合研究科教授)著書「免疫革命」を参照)

●病気は大きく分けて、
①免疫力の低下
②免疫力の異常(アレルギーと自己免疫疾患)
のふたつの現象に起因します。

①免疫力の低下が引き起こす病気

がん(胃がん、大腸がん、乳がん、前立腺がん他)
慢性疲労症候群、腎臓病、慢性リンパ性白血病、心臓病、心筋梗塞、
脳血栓、肝炎、認知症、糖尿病、染色体異常、腫瘍、
口内炎、歯周病、
感染症(インフルエンザ、結核、エイズ他)
中毒症(サルモネア菌、大腸菌、クリプトス菌他)など

免疫の主役である白血球が
体内の侵入者が敵かどうか上手く判別できなかったり
外敵への攻撃力が弱いことで起こります。

②免疫力の異常(アレルギーと自己免疫疾患)が引き起こす病気
アトピー性皮膚炎、喘息、花粉症などのアレルギー疾患、
クローン病、膠原病、潰瘍性大腸炎、関節リウマチ、バセドー病など

免疫が侵入者に対して過剰に反応したり、
自分の細胞や組織など外敵でないものを
誤って攻撃するために起こります。

また、女性に多い「便秘」「冷え性」「肌荒れ」にも
免疫の疾患が関係している場合が多いと言われています。

このように免疫は病気を防ぐための大事な役割があるのですが
逆に免疫システムが狂ってしまうと、病気を引き起こすことになります。

免疫の働きは強すぎても弱すぎてもダメで
バランスよく正常であることが大切なのです。

***

>②免疫力の異常(アレルギーと自己免疫疾患)が引き起こす病気

>アトピー性皮膚炎

↑アトピー 出てきましたね。

そして この免疫力の要になっているのが
酵素なのです。

 

酵素は
私たちの生命活動に欠かせないものです。

食べ物の「消化、吸収」を促したり、

細胞の再生
老廃物の排泄
エネルギーの産生
免疫の維持

などの「代謝を助ける」はたらき
支えています。

なんらかの理由で酵素が不足すれば
消化不良 代謝不良がおこります。

そうすると
細胞のはたらきも低下し、
その影響は
体調不良や病気となって 現れます。

アトピーの症状がひどい時は
疲れやストレスなどによって
免疫力が低下していたり
過敏になっている状態にあると言えます。

酵素や酵素ドリンクは、
まず腸内の善玉菌を増やしてくれます。

それによって腸内環境がよくなり
便秘が改善して免疫力もアップします。

(腸内環境については また 別トピックに
関連記事を書いていますので
参考にしてくださいね。)

免疫力がアップすることで
衰えていた肌のバリア機能が正常に働くようになり
ニキビやアトピーの
改善への道が開けていきます。

  ↓●アトピー研究家そらの 裏の顔?プロフィールはコチラで→ マル秘 アトピー対策について  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アトピー体質改善のため
砂糖断ちを 楽しく継続中♪





  無理なく続ける 砂糖断ち成功のコツ → コチラで  公開してます^^

応援クリックありがとうございます
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ

アーカイブ