アトピーの 砂糖 油対策に この方法がお手軽

140921-3

アトピー体質改善や対策で

 

 

食事療法や 食べ物対策を調べると

ほぼ どこにでも書いているのが 砂糖(甘いもの)を避けるってこと。

 

 

そして その次に 関係ですね。
、、、はい。わかってます。
もう 耳にタコ(涙)

 

 

私自身も わかってはいながら
なかなか どっぷり砂糖依存していました。
 

 
砂糖たっぷりの 甘い食べ物 お菓子 大好きだったし。
 

 
だけど アトピー対策のために
冷えとり健康法を続けてきたら

 

 

だんだん からだが浄化されてきたのか?

 

 

からだ本来の感覚が研ぎ澄まされてきたのか?
 

 
冷えるって ほんまに不快! と
思うようになり、

 

 

食べ物からも 冷えとり対策をしなくては!
と思うようになりました。

 

 

 

それで やっぱり 食べるとすぐに冷えを感じる食べ物は
砂糖をたくさん使われているお菓子でした。
 

 
あと 小麦粉ですね。
これは 砂糖より大好きだったかも?汗。
 

 
なので 砂糖+ 小麦粉 +油が全部使われている
菓子パン マフィン クッキー ドーナツ チョコレートなど

 

 

影響が強烈なものを まず減らしてゆきました。

 

 

 

あ、 冷えとりしていたら
自然に砂糖を辞めれた という意味じゃないです。

 

 

ここ誤解されやすいのですが 私の場合

砂糖断ちしようと 決めた(決意した)から 出来ました。

 

 

砂糖中毒 治し方のコツは?

それで 砂糖は 特に 少量ならOKとするより

 

最初は特に きっぱり砂糖断ちした方がラクです。
期間を決めてでもいいので
 

 
本当に 一時期 きっぱり辞める。
 

 
ちょっとだけ、、の少量の砂糖が
また砂糖を呼ぶのです。
 

 
からだの中に入った砂糖が さらに砂糖を呼び寄せようとする感覚(こわ)

 

 

それで このきっぱり辞める一定期間を過ぎたなら

おそらく第一段階の目標はクリアしている頃です。

 

 

また 砂糖中毒 砂糖依存症に戻らない もう大丈夫と
思う頃には

 

 

少しくらいは 砂糖断ちの規制をゆるめてもOKだと
私は思っています。

 

 

 

砂糖断ちに関わらず 何事もですが、

 

 

100対0は 極端すぎるので
からだ自身も 戻ろうとする働きが出てきそうです。

 

 

習慣化されたら そもそも 100対0を
意識しすぎなくなりますし。
 

 
私も こういう完璧主義は だんだん適当になってきているんですが

 

 

やっぱり 砂糖甘いものは 食べた後にアトピーだけでなく
胃の調子が悪くなるなど あれこれ不調を伴うのを実感しています。

 

 

 

なので、
食べるのがわかっている 外食の時には あらかじめ
 

 
あるアイテムを使って 砂糖(甘いもの)対策をしています。

 

 

 

まぁ 実際は 氣休め程度なのかもしれませんが(汗)

 

 

それでも
「これアトピー痒くなるかもしれんな、、」とか
あれこれ考えながら食べずにすむので

 

 

氣もちが楽になるだけでも 良しとしてます♪

 

 

 

この 食べながら
「体調悪くなるかも、、、」ってついつい考えちゃうのって
 

 
意外とエネルギー使っていて 結構なストレスなんですよねーー。

 

 

 

基本 食べることは 大好きなので^^
楽しく おいしく 頂きたいのです。

 

 

 

●、、、というわけで 砂糖断ちの成功というより いかに「継続」できるか?
重きをおいている私の

 

 

 

砂糖断ちをストレスにしない 外食対策アイテム
→ コチラ です。

 

 

  ↓●管理人そらの 裏の顔?プロフィールはコチラで→ マル秘 アトピー対策について  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 140921-6
  2. 140926-7
  3. 140921-6
  4. 141001-9
  5. 140921-3
コメントは利用できません。
アトピー体質改善のため
砂糖断ちを 楽しく継続中♪





  無理なく続ける 砂糖断ち成功のコツ → コチラで  公開してます^^

応援クリックありがとうございます
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ

アーカイブ