冬のアトピーに ワセリンで痒くなる時は?

150101-128

冬は冷たい風が肌の湿度をどんどん奪うので

肌の乾燥が進みますね。

 

 

アトピー出やすい私にとっては カピカピ乾燥が進む季節(涙)
 

 
寒くなって体温も下がって 冷えると
 

 
血流循環も悪くなってきて 毒もたまりやすい(涙)

 

 
やっぱり常に肌が露出している部分
顔 首 手のアトピーは悪化しやすいように思います。

 

 

 

この法則は花粉時期も同じですね。
 

 
 
それで 特に手湿疹や手アトピー対策
冬になると増えてくる情報。
 

 
アトピーにはワセリンで対策を!というもの。
 

 
うーむ。私は ワセリン正直苦手なんです。

 

 

だって 逆にさらにアトピーの痒みが増すんです。
 

 
肌にフタをする感じで

皮膚呼吸が出来ない感覚もすごーーく苦手。
 

 
熱がこもって 熱くなる

この ほてりが、より痒みの原因になるような?
 

 
 
アトピーの部分広範囲に塗るのではなく
 

 
ピンポンイントに部分的に使うと

まだマシなのかもしれませんが。。。
 

 
なんだろ。肌感覚的に それでもムリなんですねー(汗)
 

 
アトピーの方って 肌感覚が敏感だから
実は ワセリン苦手って方が多いのかも と思います。

 

 

 

アトピーだけど ワセリン かゆい時の薬代わりは?

 

 
 
今は 冷え取り健康法と 砂糖断ちのおかげで
冷えが改善してきて

 

 

冷え症改善の後

特に 手アトピー手のあかぎれが改善しました。
 

 
だけども たまに 手指が痒くなって

あかぎれになって 切れることがあります。
 

 
冬は冷えやすいので

どうしても 手のひび あかぎれが出やすいですね。
 

 
私は 末端冷え性ありますし。。。
 

 
なので ワセリン以外で
こういうアトピーが悪化して切れたところを保護する保湿剤が必要なのです。
 

 
 
ま、手指あかぎれの時は
何も塗らずに 絆創膏でやり過ごしている事も多々ありますが。

 

 

 

そういうわけで アトピー悪化時に
 

 
あかぎれが出来た場合のワセリン以外の対策に
いざという時のために準備しているレスキューアイテムがあります。
 

 
 
たまに過食暴食して 口角炎になることがありますが、
唇の端が切れた時にも使ってます。
 

 
 
私が このように切れた時に効果的だなーと いつも感じる
 

 
お助けアイテムの詳細は → コチラ。
 

 
私は大丈夫なんですが、 独特の香りは賛否両論かと(笑)

 

 

  ↓●管理人そらの 裏の顔?プロフィールはコチラで→ マル秘 アトピー対策について  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 150101-4
  2. 140924-5
  3. 150101-16
  4. 140930-7
  5. 150101-72
  6. 150101-116
アトピー体質改善のため
砂糖断ちを 楽しく継続中♪





  無理なく続ける 砂糖断ち成功のコツ → コチラで  公開してます^^

応援クリックありがとうございます
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ

アーカイブ