酵素の寿命と 消化酵素と代謝酵素のバランス 

生命維持のために欠かせない酵素の寿命は
数時間~長くても数十日で、はたらきを終えます。

そのため毎日体内で新しい酵素が作られています。

ただし、1日で生産される酵素の量には限りがあります。
一生で一定量しか作ることができません。

 

酵素を作る能力は
20歳以降から徐々に低下し、
40歳以降は急激に衰えます。

 

そのため 年齢を重ねるほど
食物から酵素を補う必要があります。

若い人は酵素を作る能力は高いのですが
酵素をムダ使いすると 年齢に関係なく
誰でも酵素不足になるおそれがあります。

 

 

●健康のためには消化酵素と代謝酵素のバランスが大事

 

 

私たちの体は 1日に一定量だけつくられる酵素を
消化酵素と代謝酵素に振り分けます。

どちらの酵素も生命維持活動には欠かせないものですが
重要なのは両者のバランスです。

 

シーソーのように一方が多くなれば
もう一方は少なくなります。

 

 

ここでポイントになるのは
消化酵素の割合が小さい方が
健康維持につながるということです。

 

 

消化酵素の消費量が増えると
代謝酵素が不足し
結果的に 代謝が滞ってしまいます。

そうなると
組織の再生、修復、細胞の入れ替え、
エネルギー変換 老廃物の排出 免疫力の維持など
あらゆる代謝活動がおろそかになってしまうのです。

 

 

特に解毒や排泄が低下すると
細胞は老廃物や毒素、脂肪をためこむようになります。

 

さらに
老化やガンを招く活性酸素を除去する働きが低下し
肥満、リウマチ 体の痛み ガン 糖尿病 心臓病など
さまざまな病気を引き寄せます。

 

***

一言でいうと 代謝酵素が足りないと

循環せず 老廃物や毒が あちこちにたまって
病気のもとになる ということですね。

 

アトピーはこの毒や老廃物のためこみを
肌を通してサインを送ってきている状態なのでは?
と思っています。

 

→こんな酵素の無駄遣いしてませんか?

に続きます。

私、しょっちゅう 習慣的にやってました。
ストレスと深くつながってる、と思いますね~。

  ↓●アトピー研究家そらの 裏の顔?プロフィールはコチラで→ マル秘 アトピー対策について  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

アトピー体質改善のため
砂糖断ちを 楽しく継続中♪





  無理なく続ける 砂糖断ち成功のコツ → コチラで  公開してます^^

応援クリックありがとうございます
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ

アーカイブ