お菓子で肌 老化を感じるので対策中です

140921-6

アトピー対策のために 2014年夏から砂糖断ちをはじめて

しみじみ 砂糖は 本当に 肌に悪い!と痛感しています。

 

 

砂糖断ち継続中とか言いつつ 甘いお菓子を頂くことがありますが(汗)

 

 

甘いもの断ちしてるからこそ やっぱり砂糖は毒!って
よーく わかります。
 

 

 
もともと 砂糖依存症なので お菓子は大好きでした。

 

 

私の場合 振り返ると アトピーの根本原因は 砂糖の過食ですね。

 

 

甘いものへの執着が強烈すぎて
 

 

いきなり砂糖断ちは出来なかったけど
アトピー体質改善のために冷え取り健康法を数年続けたら
 

 

砂糖断ちをする流れになりました(涙)

 

 

普段 甘いものを食べないようにしていて

甘いお菓子を食べると起こる変化は?

 

 

とにかく 肌トラプル多いですよー!

 

 

まず 肌に赤みが出やすくなります。

 

 

ニキビや目立たない傷があった場合 赤みが増すなど 一瞬で悪化します。

 

 

手湿疹のあかぎれは パカっと開きます(怖)
 

 

 
私はアトピー体質のため
肌への影響が とても強く出るタイプなので、、よくわかりますね。

 

 

 

あと かき傷というか ちょっと 肌を掻いただけだと思うんですが(就寝時)

起床すると 謎の瘡蓋が増えています。
 

 

 
そうそう 肌老化という意味では
甘いものを食べた翌日には 肌のハリが無くなります。

 

 

鼻の頭の毛穴が黒ずみます。
→さらに甘いもの食べ続けると すぐに毛穴が詰まってニキビ出来ます。

 

 

 

お菓子は肌に悪いとアトピーで実感しているので

 

 

 

普段は 基本的に 砂糖断ち生活ですが

完璧にストイックに 砂糖断ちを遂行することを目指してません。
 

 

 
お菓子断ちの継続の方が大事だからですね。

 

 

我慢はストレスですし、そもそも 我慢は苦手ですし(汗)

 

 

ただ どんなタイミングで どんなお菓子を食べるか?は吟味しています。
 

 

 
普段 甘いお菓子を避けていると
 

 

たまに頂くなら せっかくなので 質の良い物や 大好きなものを食べたいなと
思うようになりました。

 

 

そして よし今日は お菓子を食べようと
計画的に 頂きます。
 

 

 
例えば お氣にいりのケーキ屋さんに行く日を決めていたり。

 

 

砂糖断ちする前は 衝動的に 無計画に食べ過ぎでした。

 

 

さらに お菓子の肌影響だけでなく 健康への悪影響を緩和させるために
 

 

甘いものを頂く前に → コチラを 活用しています。

 

 

心理的な効果も含めて 私には いい感じです♪

 

 

  ↓●管理人そらの 裏の顔?プロフィールはコチラで→ マル秘 アトピー対策について  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 140926-7
  2. 140921-3
  3. 141004-38
  4. 150101-7
  5. 140928-9
  6. 140810-7
コメントは利用できません。
アトピー体質改善のため
砂糖断ちを 楽しく継続中♪





  無理なく続ける 砂糖断ち成功のコツ → コチラで  公開してます^^

応援クリックありがとうございます
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ

アーカイブ