汗疹 対策はアトピー冷え取り ファッションから学べる?!

140922-6

アトピーの体質改善で 2014年位から

 

 

あえて季節問わず 汗を積極的に出して汗腺トレーニングして

 

 

夏の汗疹対策をしようと あれこれやってます(笑)

 

 
この 汗疹対策にはじまった 汗腺トレーニング、
じわじわ効果を感じてます。

 

 
冬に出やすかった 寒暖差アレルギーの湿疹も 出なくなりました。

 

 
花粉症時期の 春のめんげん(毒出し)症状も 時間短縮されたり、
 

 

めんげんが出たとしても 以前ほど激しくなくてソフトだったりします。

 

 

 

私は 元々 汗っかきの方ですが
 

 
アトピーの方って 薬の影響で自律神経の調整が上手くいかず
汗をかけなくなっている状況が多いと よく聞きます。

 

 

 
なので アトピーあって 今 汗をあまり かけないのなら

汗をかけるように持っていくことで 体質改善が進みそうですね^^

 

 
ま、めんげん(毒出し)の 通過儀礼も同時にやってきそうですけれども。

 

 

 

汗の研究、なかなか面白いです。

 

 

アトピー体質だと 汗は痒みの引き金にもなるので
 

 
汗をかくことを避けようとする方が案外多いけど

 

 

汗をかかないと 血流やリンパの循環が滞って
結局 アトピーも体調も イマイチ調子が悪くなります。

 

 

 
余分な水分を汗で出せないと 水毒が滞って
身体の水はけが悪くなる体感がありますね。

 

 

私の場合 元々 汗を思いっきりかくことは氣もちいいって思ってますしね。

 

 

まぁまぁ スポ根少女だったし。

 

 

とまぁ、今でも 汗はやっぱり痒くなりがちですけどね。

汗は刺激であることは変わらないです。

 

 
肌感覚は めちゃ敏感なのでね。

 

 
ほんと アトピーあると
体質改善に始まり 健康オタク化がすごいですね。

 

 

 

最近は 汗の質で 体調をチェックしています(笑)
 

 
 
最近また 汗のことで氣づいたことがあるので
それもブログ記事にするつもりです。

 

 

 

汗疹(汗による肌トラブル アトピーも含む)対策は
 

 
「普段から(冬も、というのがポイント)汗を積極的に出すようにする」

 

 

と かなり ざっくり書きました。

 

 

 

じゃあ、もともと勝手に汗がしたたり落ちてくる 暑い季節
梅雨→夏 は どういう汗疹対策をすれば良いか?というと。

 

 

それは、簡単  汗をかいた後の アフターフォローです♪
特に 汗がたまる部位への対策です。

 

 

 
例えば デスクワークが多い私の場合 こんな感じ↓

汗疹 足の付け根に出やすい場合の対策は?

 

 

 

足の付根、、、って 赤ちゃんか?って思いますが(汗)

 

 

椅子に座ると 股関節の部分で 関節が折りたたまれて
そのまま動かさないですよね?

 

 
なので 汗が溜まりやすいのです。

 

 
ついでに 椅子の座面にふれている
太ももの後ろ側も 汗をかいて蒸れることがあります。

 

 
足の汗疹って アトピーから連想すると
膝の後ろ(膝裏)のイメージがありますが、

 

 
(膝裏はアトピーや湿疹出やすいですし)

 

 

意外と 膝周りは座っていても 足ブラブラしたり
動かしやすいので 大丈夫なんですね。

 

 
膝裏は 椅子の構造上からみても通気性が良いですので^^

 

 

 

それで この足の付根の汗疹対策。

 

 

こまめに デスクワーク中も椅子から立ち上がり
動くようにする、、なども 有効ですが、

 

 

環境上 出来る人と出来ない場合がありますよね。

 

 

なので ずぼらーな私は
 

 
汗を放置すると痒みが増すので、
 

 
とにかく下半身の通気性の悪さを避けるようにします。

 

 
例えば 服のボトム選びの際には
 

 
締め付けない フィットしすぎないものを選ぶようにします。

 

 
パンツ派ならば スキニーデニムはNGですね。

 

 

フィットしすぎて 締め付けて血行を妨げるし、
 

 
何より フィット感が 暑くてたまりません。

 

 

なので 通気性の良い
→ こういうタイプ のボトムを超愛用しています。

 

 
今年も 追加でダークカラーを購入しました。

 

 
少々カジュアルなので 職場によってはNGなのが難点ですね。

 

  ↓●アトピー研究家そらの 裏の顔?プロフィールはコチラで→ マル秘 アトピー対策について  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 140926-6
  2. 141004-58
  3. 141002-3
  4. 140920-2
  5. 141003-4
  6. 140930-6
アトピー体質改善のため
砂糖断ちを 楽しく継続中♪





  無理なく続ける 砂糖断ち成功のコツ → コチラで  公開してます^^

応援クリックありがとうございます
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ

アーカイブ