脱ステロイド 経過観察中に 夏アトピーで氣をつける事

150101-149

私自身 子供から学生時代にかけて

地元の皮膚科で処方された塗り薬は ステロイド薬だったと思います。

 

 

時代背景的に、たぶんそう。

 

 

なんの疑問も持たずに塗っていました。
 

 
ただ 元々 肌に何かを塗ることが苦手だったから
 

 
少しアトピー肌の状態が改善したら

すぐステロイド塗り薬を辞める の繰り返しだったので、

 

 

トータルで言えば そんなに大量に塗っていません。

 

 

脱ステロイドという概念もよくわからないまま

 

 

薬使ってても 使ってなくても 結局 アトピーの調子が悪くなる(使い方が悪かったのかも)

どうせ あまり変わらないなら やっぱり薬はイヤだと
 

 
大学卒業して社会人になってから 自然に薬を使わなくなっていました。

 

 

 

身体の本能の声だったのでしょう。
 

 
というわけで そもそもステロイドにあまり意識がいってなかったので
 

 
当然 脱ステロイドという概念がなかったのですが

振り返ってみると ステロイドの影響だったのかなと
 

 
思えるような 脱ステロイド状態の 毒出し(めんげん)症状ありました。
 

 
本格的にアトピー体質改善したくて冷えとり健康法をはじめた
 

 
2011年以降に 今思えば ステロイドの影響?というのがありましたね。
 

 

 

全身 発火しているような ほてりで赤くて真っ赤
ただれて 滲出液の汁が流れ続ける、、というのは当然として(ツライわ)

 

これも ステロイド副作用?って思ったのが、、、

 

 

夏でも寒かったり かと思うと 急に顔が火照りかぁっと熱くなったり。

 

 

体温調整が上手く出来ないのです。

 

 

 

これは アトピーの方の体験ブログを読んでいても 割りとよく目にしますね。
 

 
特に 脱ステロイド中などで 全身ドロドロ肌がただれて溶けている状態の方こそ
 

 
梅雨から夏にかけて氣をつけたい事があります。
過去のステロイドの影響で 体温調節の機能が上手く働いていない時

 

 

身体の大部分に皮膚疾患が出ている時
 

 
おそらく 体温調節機能で重要な役割を持っている 汗 が上手く出せません。
ということは 熱中症にかかりやすい状態なのです。
 

 
汗を出すことで 体温を下げるので
 

 
身体の中に 熱がずっとこもる状態になります。
 

 
熱中症は 亡くなる方もいらっしゃり 甘く考えていると怖いですよ。

 

 

なので 脱ステロイド中に限らず
全身にアトピーや 皮膚疾患が出ている時は 熱中症に要注意です。

 

 

 

熱中症対策では 部屋の温度調整をこまめにするとか

ナトリウム摂取するとか 色々あります^^
 

 
それで 私なりに
冷えとり健康法をアトピー体質改善きっかけにやってみて感じたのは

 

 

シンプルに 通気性の良い下着を活用する だけで かなり違う!という事。
 

 
体温調節機能をカバーするような 化繊の機能性下着も
市販されていますが、店頭で触ってみたけど 私はちょっと違和感ありました。
 

 
触ってみて、なんか 肌呼吸しにくいなぁという印象(汗)

 

 

科学的な理論では 裏付けがあるんだろうけど
 

 
うーむ、身体が拒否する感覚。(こういう時は 身体が正しいですねー)
 

 
 
やっぱり通気性の良い 汗を吸っても すぐに空気中に放出してくれて
表面さらさらの 絹素材が 身体を快適に保ってくれます。
 

 

下着を着て 上からTシャツ着ると 合計枚数が増えて 暑いんじゃない?って思いますが
 

 
コットンの Tシャツ1枚だけ着るほうが暑かったです。
 

 
体温調整機能が落ちている時こそ わかりやすいんですよね。
 

 
熱中症対策 暑さによる体力消耗を予防するために
絹シルク素材 取り入れてみると、、もう手放せなくなりますよ^^

 

 

●絹シルクインナーと言っても 色々ありますが
 

 
私は → コチラ を愛用しています♪

 

 

 

この梅雨から着倒しています(笑) そしてやっぱりコレ人気です。

 

 

  ↓●アトピー研究家そらの 裏の顔?プロフィールはコチラで→ マル秘 アトピー対策について  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 140812-8
  2. 140915-3
  3. 150101-24
  4. 150101-107
  5. 141002-2
アトピー体質改善のため
砂糖断ちを 楽しく継続中♪





  無理なく続ける 砂糖断ち成功のコツ → コチラで  公開してます^^

応援クリックありがとうございます
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ

アーカイブ