アトピーと腸の関係 腸は免疫の9割

アトピーと腸の関係 酵素と免疫パワーについて
からの続きです。

免疫力が発揮されると
感染症などから身を守ることが出来ます。

免疫機能は体のあちこちにありますが、
近年の研究で、
全身の免疫機能の9割が腸に集中していることが
明らかになりました。

口から胃、小腸、大腸までの消化管は
約 全長10メートル。

食べ物は 消化管の中を通り抜ける間に
さまざまな酵素によって、
脂質、アミノ酸、単糖に分解されます。

栄養素の90%は 小腸が消化吸収し、
毛細血管を通して全身に分配されます。

残りは大腸で水分を絞った後、
便になり排泄されます。

●内なる外の器官 消化管

消化管は体内にありますが、
食物が通過し、外科医からの刺激をつねに受けているので
内なる外 と言われています。

腸には食べ物と同時に、色んな病原菌や有害物質が
次々と侵入してきます。

そんな敵から身を守るため
小腸には全リンパ球の70%

がん細胞を攻撃するリンパ球にいたっては
80%が集結しています。

小腸にある免疫組織は
バイエル板と呼ばれ、体内では
関所としてはたらいています。

バイエル板には病原菌やウイルスなどの抗原をとりこむ
M細胞が控えており、侵入者を監視しています。

また バイエル板の下には
リンパ球やマクロファージなどが多数集合していて、
外部から入ってきた危険なものを排除しています。

小腸に続く大腸では、
腸内細菌が、免疫機能を活性化したり、
外敵が悪さをしないように抑え込んだりする活動をしています。

そのため、
腸は人体最大の免疫器官。

免疫力を高めるポイントは
腸を元気にすること といえます。

***

アトピーにも深く関係している免疫系。

>近年の研究で、
>全身の免疫機能の9割が腸に集中していることが
>明らかになりました。

だんだん免疫系のポイントが絞られてきましたね。

アトピー向けの
腸内環境を整える サプリメント(乳酸菌など)や
腸内洗浄がいい という話は
私もちょくちょく耳にします。

どうやら 腸がポイント、
腸について もっと知る必要がありそうです。

次のトピックで
アトピーにも関係深い
腸内細菌(善玉菌、悪玉菌)について 見ていきます。

→ アトピーと腸の関係 腸内の善玉菌を増やそう

に続きます。

  ↓●アトピー研究家そらの 裏の顔?プロフィールはコチラで→ マル秘 アトピー対策について  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 140812-1
  2. 140920-2
  3. 140922-9
  4. 141004-27
  5. 141004-36
  6. 140813-5
アトピー体質改善のため
砂糖断ちを 楽しく継続中♪





  無理なく続ける 砂糖断ち成功のコツ → コチラで  公開してます^^

応援クリックありがとうございます
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ

アーカイブ