アトピーと腸の関係 腸内の善玉菌を増やそう

アトピーと腸の関係 腸は免疫の9割
からの続きです。

腸内細菌の数は なんと約100兆個、
種類は1000種類もあり、
重さは約1、5キロにもなります。

腸内細菌には
善玉菌と悪玉菌のほか、
どちらにも分類されない日和見菌があります。

善玉菌と悪玉菌は つねに勢力争いをしており、
一方が増えると一方が減る関係にあります。

善玉菌が優勢であれば、腸は元気。

悪玉菌が増殖した場合は、
腸のはたらきが低下して、
免疫力は低下の一途をたどります。

悪玉菌の代表は
ウェルシュ菌や黄色ブドウ球菌、大腸菌です。

これらは腸内のたんぱく質を分解して
炎症やガンの引き金となる
アンモニアやアミンなど
毒性の物質を作り出します。

●腸内腐敗は万病の元

野菜不足、肉の過食、砂糖の摂りすぎ、ストレスなどは
悪玉菌が増える好条件になります。

悪玉菌が増殖すると、
腸の蠕動運動が低下して便秘になります。

便秘が続くと腐敗した便をエサにして
さらに悪玉菌が増えます。

悪玉菌は
硫化水素、インドール、スカトールなどの
窒素残留物を作り、
ここに腐敗した便から生じる毒素が加わって
腸内の腐敗と汚染が広がります。

これらの毒素が
腸から血管へと再吸収されると

血液は汚染されると同時に
赤血球同士がくっついてドロドロになる
ルロー現象が起こります。

また 汚れた血液を取り込んだ細胞自体も汚染され、
はたらきが悪くなって
ガン、アトピー リウマチなど
あらゆる病気を引き起こします。

酵素不足も悪玉菌を増やす原因になります。

満腹するまで食事をとる習慣があると
消化酵素を大量に使っても
食べ物を消化しきれなくなります。

消化できなかった残留物が腸内にとどまって
悪玉菌のエサになるのです。

例えば、肉を大量に食べて
たんぱく質が消化しきれないと その残りかすは
窒素酸化物として腸内に停滞します。

悪玉菌は窒素酸化物が大好物なので
自分の栄養にしてどんどん増え
腸内の腐敗に拍車がかかります。

●善玉菌を増やして免疫力を高めよう

悪玉菌増加の流れから抜け出すには、
食べ過ぎをやめて、善玉菌を増やす食事を
心がけることが大切です。

腸が元気になれば、免疫力も回復し、
大事に至らずに済みます。

では 乳酸菌やビフィズス菌に代表される
善玉菌のはたらきを見てみましょう。

これらの善玉菌は

食べ物の消化吸収をスムーズにし、
糖などを分解して、乳酸と殺菌力の強い酢酸を作り、
腸内を酸性にして悪玉菌の増殖を抑制したり、
ウイルスや毒素の侵入を防いだり、

発がん物質を分解して、
病気に対する抵抗力を高めます。

善玉菌が作る酢酸は
腸の蠕動運動を活発にするはたらきをするので、
便通を促し、便秘や下痢を防ぐ整腸作用があります。

また
小腸の免疫機能を活性化したり
酵素(体外酵素)を作って
腸内の消化力を高めたりするなど
重要なはたらきをしています。

まとめると
○悪玉菌 増加のパターン

野菜不足、食べ過ぎ

悪玉菌が増殖

腸内腐敗

汚れた血が全身を循環

代謝の低下

免疫力の低下

さまざまな病気を招く

○善玉菌 増加のパターン

ほど良い食事、酵素食

善玉菌が増える

腸内元気、きれい

代謝が活発に

免疫力回復、向上

健康な体に

という流れになります。

***

さまざまな不調をもたらす
腸内細菌 悪玉菌の増加、、、
善玉菌優位に腸内を整えたいですね。

腸内環境が血液にも影響していて
血液は全身を巡るから、、、
ということは、血液の質も腸次第と言えると思います。

>また 汚れた血液を取り込んだ細胞自体も汚染され、
>はたらきが悪くなって
>ガン、アトピー リウマチなど
>あらゆる病気を引き起こします。

アトピーだけでなく 万病の元になってしまいます。

では 悪玉菌が増殖すると
どんな体調不良、不調があらわれてくるのか?を見てみましょう。

このような不調が出てくると腸内環境悪化のサインです。

→ アトピーと腸の関係 悪玉菌の増殖、腸内腐敗が招く9つの不調

に続きます。

  ↓●管理人そらの 裏の顔?プロフィールはコチラで→ マル秘 アトピー対策について  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 150101-123
  2. 140914-7
  3. 141004-19
  4. 141004-34
アトピー体質改善のため
砂糖断ちを 楽しく継続中♪





  無理なく続ける 砂糖断ち成功のコツ → コチラで  公開してます^^

応援クリックありがとうございます
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ

アーカイブ