アトピー 運動で悪化しないための改善法は?

150101-153

なんだかこの8月は、今までの結果(終わり)と

今後の始まりの流れが同時に来ている感じです。

 

 

ま、終わらせる(終わる流れになる)からこそ 次の始まりにつながるんだろうけども。

 

 
というのも 昨日は
アトピー体質改善のために受講していた 身体の連続講座の最終日でした。

 

 
良き超プロフェッショナルな先生と 良き仲間に恵まれて
6ヶ月間 濃厚な時間を過ごすことが出来ました。

 

 

 
私の場合 相変わらず アトピー肌への直接の効果は時間差で現れます。

 

 

 

つまり肌は後回しで先に体力とか冷えとか 内臓の回復にエネルギーが配分され
その後に 肌にも回ってくる、肌は後回しパターン(汗)

 

 

 
ま、そのおかげで 猛暑の今年は ほとんど夏バテせず
夏に体力の無さを痛感する私にとっては大進歩です。

 

 

 
今回の身体の講座の受講を通して、
体の声をきく力 かなりアップしました!

 

 
感覚器官 五感の感度が 上がりました。

 

 

アンテナの感度(精度)が増した分、 しんどい部分も増えるんですけどね。。。

 

 
ま、素直に体の声に従ったほうが良いと身にしみましたね。

 

 

 

もともと講座を受講し始めた時は

 

 

身体の講座だし アトピーの体質改善のために

何か特別な運動をした方がいいのかな?と思っていました。

 

 

 

だけど 運動以前にもっと役立つ内容ばかりでした。

 

 

なぜなら 日常での身体の使い方を実践的に学べたから。

 

 
アトピーに効果的な運動というカテゴリは確かにあるようです。

 

 

症状の重さや体力によって 有酸素運動とか筋トレとか。

 

 
だけど これらの運動以前に 身体の使い方にロスが多く
負担をかける使い方をしていたら運動が 逆効果になってしまいます。

 

 

 

 

なので アトピーの体質改善や
汗でデトックスするために 何か運動をはじめようと考えているなら

 

 

まず日常の身体の使い方から根本的に見なおすほうが近道です。

 

 
そもそも 新しい運動習慣を取り入れること自体
ハードル高いですしね← 超ずぼらな私(爆)

 

 

 
運動を特別なものにするんじゃなくて
日常の所作をトレーニングに活用する方が楽ですしねー♪

 

 

 

アトピー改善策 運動はじめる前に!身体の使い方編

 

 
↑みたいな講座を アトピー肌を応援するネットショップのお客様向けに

企画するのも 面白そうだなぁー。

 

 

 
話戻って 今回の講座通して学んだ 身体の使い方とは?

 

 
ざっくり まとめると、

「身体の一部分だけを使うのではなくいかに 体全体を連動して使えるようになるか?」 という事でした。

 

 

 
身体の連動を意識しながら 身体を使えるか?という事です。

 

 

 
身体は連動したいのです^^

 

 
つまり 連動させることで よりエネルギー循環を促進したいのです。

 

 
、、、ということは エネルギー循環を促進する
冷えとりとも本質的にはつながってきます。

 

 

 
連動の法則のもとで 身体の講座を受講して
ワークショップや実践での体験をすると、

 

 

実際に その部分を触っていないのに
アトピーで乾燥しがちだった 肌荒れがしっとり潤って 肌のキメが揃ったりします。

 

 

 
今回も 乾燥しがちだった お腹(食べ過ぎか?笑)と
腕が軽くなったし 肌の保水力が上がって しっとりしています!

 

 
とっても興味深い現象ですよね^^

 

 

 
しかし、、毎回内容が膨大すぎて

 

 
頭は知恵熱、身体はエネルギー当たりなのか

講座当日の晩と 翌日は 毎回グロッキーでした(汗)

 

 
毎日の日常でどうやって実践するかが めっちゃ大事なので
これから作戦を練ろうと思います。

 

 

  ↓●管理人そらの 裏の顔?プロフィールはコチラで→ マル秘 アトピー対策について  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 150101-32
  2. 141004-27
  3. 150101-123
  4. 140915-7
  5. 150101-159
コメントは利用できません。
アトピー体質改善のため
砂糖断ちを 楽しく継続中♪





  無理なく続ける 砂糖断ち成功のコツ → コチラで  公開してます^^

応援クリックありがとうございます
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ

アーカイブ