アトピー浸出液の臭い消しに優秀グッズ

150101-123

アトピー治療中の時って何かと 匂いが氣になりますよね。

 

 
漢方薬や生薬系の薬を使っていたら

実際に ああいう薬って独特なニオイがしますし、

 

 

塗り薬だけでなく

飲み薬でも毛穴から匂い立っているんじゃ?ってドキドキしてました。

 

 
私は何故か →この生薬系の塗り薬が好きで
 

 
特に手指アトピー あかぎれの傷に効果を感じていて愛用してますが
 

 
結構クサイ(私は割りと平気 汗)

 

 

それに 薬よりも実際に感じるのは
 

 
浸出液、、あの 汁の独特の匂いかもしれません。

 

 
余談ですが あの汁の匂いって アトピーの状態や体調によって
微妙に変わるんですよね。

 

 

(私の場合浸出液が 魚クサイ、生臭いときがありました、、ショック涙)
 

 
 
自分でも 臭うな、、って思う位だったので
周りの人は もっと不快だったと思います。

 

 
ニオイ関係は デリケートな話なので
周りの人も 本人に言いにくかったり 言えなかったりしますよね。。。

 

 

 
ニオイは 通気性が悪くこもる事で

より強いニオイになることがあるので

 

 

下着や服で 繊維そのものに臭いをためこまない
絹シルクに変える対策も効果的です。

 

 
通気性がよくなると カラダそのものも楽になりますし
 

 
他にもシルクはメリット大ですが
 

 
このブログで 絹下着や服の良さは語り尽くしてますので

 
シルク以外のブログネタにします。

 

 

 

アトピーの時 ヒバ油使い方知ってたら便利

 

 

 

学生時代→新社会人の頃
アトピー体質改善目的で 漢方の病院に通っていました。

 

 
大阪で漢方といえば まぁまぁ有名な
近畿大学東洋医学研究所の先生でした。

 

 

その先生に教えてもらったのが青森ヒバです。
 

 
 
具体的には 当時 グチュグチュ 浸出液出てるアトピーだったので
 

 
この青森ヒバ油を 入浴時に浴槽に入れて
 

 
雑菌を抑え 消毒効果を狙うというものでした。

 

 
入浴時に使うのは あれこれ肌に塗るのが苦手な私にとっては
お手軽で ありがたかったです。
 

 
 
最近 スッキリ系のアロマオイルを探していて
 

 
(もうすぐ 空気がモヤモヤしてくる花粉時期なので)

 

 
色々サイトを見ていたら ヒバ油って アトピーに良い条件が揃ってるんですね。

 

 
抗菌だけでなく 消臭効果も高くて(汁のニオイ対策に)
 

 
アトピーに良くないと言われるダニなど防虫効果もあり
 

 
それに個人的には あの森林浴みたいな
スゥッとする リラックス効果がお氣にいりです。

 

 

 
ヒバ油の中でも やっぱり近大の漢方の先生が昔オススメしてくれたように
青森ヒバが良いと感じます。

 

 

青森ヒバオイルの品質にもよりますが
 

 
使い方は 検索したら一杯出てきますがアロマオイルの使い方と同じです。

 

 
浴槽に入れたり(アトピーの状態によって刺激を感じる場合は避けましょう)

 

 

消臭スプレーにしたり ティッシュに垂らしたり

 

 

アロマディフューザーに垂らしたり。

 

 

それに 青森ヒバオイルは
 

 
アロマのおしゃれなボトルに入ったエッセンシャルオイルよりも
 

 
大容量で お値段もリーズナブルなものが多いです → 詳細コチラ

 

 

  ↓●管理人そらの 裏の顔?プロフィールはコチラで→ マル秘 アトピー対策について  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 140929-6
  2. 140930-7
  3. 140930-7
  4. 141001-6
  5. 140810-6
  6. 150101-72
コメントは利用できません。
アトピー体質改善のため
砂糖断ちを 楽しく継続中♪





  無理なく続ける 砂糖断ち成功のコツ → コチラで  公開してます^^

応援クリックありがとうございます
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ

アーカイブ