湿疹毒出し!アトピーではなく蕁麻疹出たっ

150101-146

アトピー体質改善記録かねて書き残しメモです。

 

 

昨晩 入浴後 久々に じんましん出ました。

 

 
背骨に沿っての腰周り中心です。はーー 痒かったです(←当たり前)

 

 
一過性のものなので 跡に残ったりはしませんが
あの蕁麻疹の湿疹のボコボコ感は 焦りますよねー。

 

 

生理前で よりいっそう敏感肌になっていたり
 

 
疲れ?ストレス?食べ過ぎで肝臓が疲れているのか?

 

 

蕁麻疹の要因は 色々重なっていそう。。。

 

 

いつもと違う食べ物を頂いたわけではないので食物アレルギーでは無いと思います。

 

 
調べてみたら 内臓では 蕁麻疹と関連深いのは 肝臓だそうです。

 

肝臓疲れてるのかな?

 

 

 

私 アトピー体質改善きっかけに
2011年秋から冷えとり健康法をはじめました。

 

 

冷えとりはじめてから 大めんげん(毒出し)体験を越えて
体質改善(カラダ)だけでなく 大きく人生全般が良い方向に変わってきて

 

 

その体験を活かして
アトピーの方向けのネットショップを運営しています。

 

 
この 冷えとりを始める前は 今よりも ずっと頻繁に蕁麻疹が出ていました。

 

 

ちょっとの事が刺激になる 超敏感肌で過敏体質なのでしょうね。

 

 
以前は この 蕁麻疹の痒みきっかけに アトピーの痒みにも火がつき、

 

 

蕁麻疹ついでにアトピーも掻き崩して悪化してました。

 

 

 
今は アトピーではなく ちょっとした乾燥肌の部分がある現状なのですが

 

 

痒いのは 純粋に 蕁麻疹部分限定で 痒み飛び火しませんでしたよ^^

 

 
これも 絹パンツ1枚からはじまった(笑)

 
 
冷えとりシルク生活による体質改善が進んでいるって事なんだろうなぁと
喜んでます。 ほんの小さな変化なんですけどね。

 

 

 
アトピーあると分かると思うのですが
肌の痒みって 連鎖?飛び火するんですよね。

 

 

首など一部分が痒くなると 脚やお腹が痒くなり始めたり。
痒みローテーションの悪循環です。

 

 
なので 以前は この痒み発作→アトピー悪化の引き金になる
蕁麻疹にも 要注意でした。

 

 

 

蕁麻疹体質改善食事で1番効果的だったものは?

 

 

 
今回の 腰の蕁麻疹で思い出したんですが、

 

 

そういえば この冬は 毎年 出ていた
 

 
寒冷蕁麻疹(寒冷アレルギー、寒暖差アレルギー)が出ていません。

 

 
ついでに 長年悩んでいた 冷え性も ずいぶんと楽になりました。

 

 
あ、もしかしたら 暖冬の影響もあるかもしれませんね。

 

 

冷え取りをはじめて 毎冬ごとに 蕁麻疹出る頻度が下がり
いつの間にか出なくなっていた、、感覚です。

 

 

アトピー体質改善を続けていたら 自動的に
じんましんの体質改善も出来ていたようです。

 

 

 

それで 体質改善で 比較的 効果を早い段階で実感しやすいのは
やっぱり 食べ物 食事関係だと痛感しています。

 

 
食べ物は直接 カラダの中に入れるものでもありますし^^

 

 

もともと偏食で大食い、過食だった私は
 

 
影響の大きい食べ物から引き算しはじめてから 体質改善の効果を感じるようになりました。

 

 

 

とは言え、食事療法って
実際 足し算より引き算のほうが難易度大なのです。。。

 

 

 
●挫折を防ぎながら続ける方法を  コチラ に まとめてます(参考になれば)

 

 

  ↓●アトピー研究家そらの 裏の顔?プロフィールはコチラで→ マル秘 アトピー対策について  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 140924-9
  2. 150101-157
  3. 140919-8
  4. 140813-5
  5. 140812-2
アトピー体質改善のため
砂糖断ちを 楽しく継続中♪





  無理なく続ける 砂糖断ち成功のコツ → コチラで  公開してます^^

応援クリックありがとうございます
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ

アーカイブ