かきむしりで汁!止める方法は?アトピーで学んだ

141002-3

もともとアトピー体質なのもあり

様々なタイプの痒みを体験済みです(嬉しくない。。。)

 

 
昔は あまりにもアトピーが痒くて痒くて、、、
かきむしって 掻き壊して傷を広げてしまうことに対して

罪悪感がすごかったのですが

 

 

 

冷えとり健康法の考え方を知り
痒い時は我慢せず 掻いてもいいか、と思うようになりました。

 

 
というか あの痒みは我慢出来るものでは無いですし(汗)

 

 

身体にとっては 必要があって 痒みを発生させている、、と感じます。

 

 
だんだん体質改善が進んできてわかってきたのですが、

 

 

身体が回復して元気になってくると
だんだん痒みを感じなくなってきます。

 

 

 
ただ、体質改善が進んでアトピーがほとんど出なくなった今でも
痒みや刺激に敏感なのは、、変わらずです。

 

 
まぁ 今でも 痒みは我慢せず掻くと言っても

 

 

やっぱり 掻いてしまうと掻き傷が出来て 悪化したり

 

 
治りが遅くなったり 跡が残るのでは?ジレンマを感じます。

 

 
だけど やっぱり我慢できずに 掻いてしまうんですけどね。

 

 

 

搔いている最中は 結構 気持ちいいですし。。。

 

 

 

アトピーの浸出液を出し切ると痒みが楽になる?

 

 

 
特に ジレンマが大きいのが 滲出液(汁)が出ている時です。

 

 

あの じわっと湿っていて 汁が止まらなくて グチュグチュしている時。。。

 

 
しかも 汁が出てる時って すっごく痒いです。

 

 
だけど 汁が止まらないときというのは 肌表面がズルっと剥けている状態で

 

 

いかにも弱い皮膚で 掻くだけで血が出てきそうで

 

 

正直 悪化が怖くて 掻くのを躊躇します。

 

 

 

汁は 最終型ですけど
 

 
湿疹の痒みが出る前って 痒い部分の肌の下に水が溜まる感覚があります。

 

 

むくんで なんとなく腫れてきます。

 

 

キタキタキタ! と かゆみの前兆は見てわかります(汗)

 

 

 

特にフェイスラインや首周りがわかりやすいです。

 

 

 
これは 私が 東洋医学で言う 水毒タイプだからかもしれません。

 

 
整体の先生によると アトピーの方は水毒タイプが多いようです。

 

 

 
この肌の下の不要な 本来排出したかったけど出来なかった水分が
痒みの元です。

 

 
なので 汁の時のかゆみ対策で
 

 
即効性を重視するなら この水分の排出を直接促すのが手っ取り早いです。

 

 

 
アトピーの時 汁(滲出液)は出し切ると改善が速くなると
言われることがありますが

 

 

個人的な感覚では
 

 
液を出し切るか?というより ジュクジュクをいかに乾燥させるか?

 

 
ポイントと思っています。

 

 
痒みが増す時に
あのジュクジュクの水分が常についてくる体感があったので。。。

 

 
●というわけで 私が実際によく活用していた
 

 
即効性のあるかゆみ対策と汁を乾燥させる 一石二鳥の対策

 

原始的 直接的な →  コチラ です。

 

 
なかなか一歩踏み出すのに勇気が入りますが
終わったら 痒みがすごくスッキリしたものです。

 

 

  ↓●管理人そらの 裏の顔?プロフィールはコチラで→ マル秘 アトピー対策について  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 140920-8
  2. 140902-1
  3. 150101-153
  4. 140921-2
  5. 141004-17
アトピー体質改善のため
砂糖断ちを 楽しく継続中♪





  無理なく続ける 砂糖断ち成功のコツ → コチラで  公開してます^^

応援クリックありがとうございます
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ

アーカイブ