アトピー 首の乾燥対策で気をつけたいポイント

141004-7

アトピー体験を通して アトピーの方専用通販を運営しています。

 

 

リピート頂いているお客様(Nさま)から
首アトピー対策に有益なご質問を頂いたので掲載致します。

 

 
さらに 他のお客様から メルマガご返信で
ご自身で工夫されている対策を頂いたので

 

 

後日談として、掲載致します。

(Sさま ありがとうございます)

 

 

首アトピーだけでなく
花粉や黄砂などで 首湿疹が出やすい場合も
参考にして頂けたらと思います。

 

 

——-●では ここから リピーター様専用メルマガの内容です

 

 

首アトピー隠しや 花粉 紫外線よけ
エアコン風からの乾燥対策や 冷え対策など

 

 

色々 使えて便利な巻物類^^(スカーフやストール)

 

 

絹は軽くて薄い割に 夏涼しく 冬温かいため
 

 

かさばらず 旅先や持ち歩きにも便利で
 

 

おかげさまで 人気商品として定番化しています。

 

 

私も 服よりも小物で気分転換するのが好きで、
(というか、トップス着込むのが苦手、、、)

 

 
色違いや素材の質感違い 柄物、、など
気づけば 首に巻くものが すごく増えています。

 

 
またリピーター様にも人気で

同じように色んなスカーフやマフラーなど

 

 

季節ごとに お試しされる方も多く

とても嬉しく 有難く思っています^^

 

 
この絹シルクの巻物類
定番のため、普段からジワジワ在庫数が動いていますが

 

 

特に季節の変わり目に動きが大きく激しくなります。

 

 

先日まで 在庫数に余裕があったのに

 

 

少したってから 卸元さんに問い合わせると
いきなり在庫数1桁とか(涙)

 

 
季節の変わり目は 気温の変動も激しいので
小物ひとつで 温度調整にお役立ちなんですよね♪

 

 
それで 最近の季節の変わり目といえば、

冬→春。

 

 

 

春の初めの三寒四温から
暖かさ定着の春本番までの時期です。

 

 

そう アトピーなど アレルギー持ちには
なかなかつらい 花粉時期!

 

 

肌を露出していると 花粉がくっついて痒みが増す!と
 

 

花粉ガード目的の 
スカーフやマスク、手袋類が 一気に品薄になります。

 

 

 

●最近 リピーターのお客様のNさまからのメールで
 

 

スカーフ(ストール)選びの際 とても参考になるのでは?
と思った事があったので 書きますね。

 

 
スカーフ選びの時に
気をつけたい 「選び方の選択基準」です。

 

 
Nさまから 頂いたメール内容を要約すると 以下です。

 

 

—————————

 

 

シルク100%のスカーフ 早速つかっています。
肌に優しくサラサラで気持ち良いのですが

 

 

ツルツル滑りやすく 巻いていた形がすぐに崩れてきます。

 

 

私の巻き方が下手なのでしょうか?

 

 

愛知県 Nさま

 

 

—————————

 

 

Nさま メッセージをありがとうございます。

 

 

 
●ちなみに今回 Nさまご購入のスカーフは→ コチラ

 

 

いえいえ!

 

 

Nさんの巻き方が どうこうではなく

 

 
素材の質感により
だいたい 絹スカーフは滑りやすいものなのです。

 

 

 

この間、 軽くふわっと巻いて 自転車にのっていたら

 

 

スルッと滑り 風に乗って
飛んでいきそうになったことがあります。

 

 
対策として 飛ばないように
首元をピンで止めるようにしています。

 

 

 

ただ ピンが苦手な場合は、

 

 

巻き方を二重にしたり
ほどけにくい結び方を取り入れる必要がありますね。

 

 
または 同じ絹素材でも

 

 

表面に凹凸のある素材なら
 

 

凹凸がすべり止めになり、

 

 

サラサラに比べて崩れにくくなります。

 

 

 

花粉症による肌荒れ対策ならば?

 

 

それで 今の時期 気をつけたいのが

 

 

「花粉対策」には
表面に凹凸の無い滑るタイプの方が向いている という事。

 

 

表面が滑るほうが 花粉がくっつかないからです。

 

 

 
ですが 美しく巻いても スルッと滑って
巻いた形を綺麗なまま維持するのが難しいです。

 

 

 
その変わり
表面に凹凸やデザインがあるスカーフ 巻物は
崩れにくく 比較的 巻いた形を維持しやすいです。

 

 
また薄いものより厚みのあるタイプの方が
形を維持しやすいです。

 

 

表面に凹凸? 実際に見たほうがわかりやすいですね。

 

 

例えば → こちら の絹100%のタイプ
(あぁ、数が少ない、、すいません!)は
 

 

↑素材表面に 独特の凹凸があり
滑りにくく型くずれしにくいです。

 

 

 

大きさやボリューム感が スカーフとは違うので

 

 

Nさまにとって、そもそも比較対象に上がらなかったと思いますが

素材の一例として挙げておきますね。

 

 

 

結局は、スカーフの目的次第なのです。

 

 

どこを目指すか?何を重視するか?になってきます。

 

 

パソコンや電化製品を買う時と同じですね。

 

 

 

花粉対策 重視なのか?
 

 

型くずれしない重視なのか?

 

 

Nさんへの返信メールで 詳細をきいており
まだお返事は確認していません。
 

 

(あ、今回の内容で解決したら お返事されなくても大丈夫です^^)

 

 

なので、個人的な推測ですが

 

(今回より前のメールのやり取りからも)

 

 

Nさまは、きれいに 丁寧に巻いたり
 

 

きれいに形を維持したい
 

ちゃんとしてたい方なのかな?と 感じました。

 

 

 

>ツルツル滑りやすく 巻いていた形がすぐに崩れてきます。
と書かれていますので。

 

 

 

いい感じに巻けた!と思った時ほど 崩れたら悩みますよね。。。

 

 
または 首が見えないように 
きちんとカバーしたいのかもしれません。

 

 
以前、ネックカバーがずれないようにするには?
 

 

とのご質問をNさまから頂いた事があった事からも そう思います。

 

 

 

私の場合は そもそも 崩れるのが困るというより
 

 

滑って取れるのが困るわ って感じです。

 

 
巻いた形や 肌の露出が
たぶん そこまで気にならない、、方です。

 

 

この巻き方にこだわっていない感、、、
あぁ、ガサツで 女子力低いですね。。。反省です。

 

 

 

●せっかくご購入頂きましたし
とても肌に心地よいアイテムなので

 

 

何とか工夫をこらして、
今回の商品をご愛用頂けたらと思いますが

 

 

もし 色々 巻き方研究&トライされても
どうしても 巻き方の崩れが気になるなら
 

 

 

他のシルク以外の素材を試されるのも良いと思います。

 

 
特にアトピーの方が 敏感な首に巻くのは

 

 

個人的には 絹シルク素材が
1番肌に優しく痒みを起こしにくいと感じますが

 

 

 

滑りにくさで考えるなら どうしてもシルクは
 

素材の特性上 難しいのです。

 

 
なので 選択肢を増やすなら

 

 

生地表面に凹凸があったり

 

薄手でもハリのある生地
 

 

コットンやウール混紡あたりもお勧めです。

 

 

 

ウールだと暑そうって思いますが
通気性は綿よりも良い場合が多いですよ^^

 

 
(細かい事を言えば
綿でも厚みや生地の編み方で違ってきますが)

 

 

Nさまにとって ベストな方法が見つかりますように^^

 

 

 
●このように ご質問を頂くことで

新たな着眼点が見つかり

 

 

より きめ細やかなニーズを知ることができ、
商品展開やサービスへの反映につながります。

 

 

(私自身の努力のしどころなので精進します!)

 

 

 

ご質問やご要望、改善点など 些細なことでも

遠慮なく お気軽に メッセージ頂ければと思います^^

 

 

 
——-●ここまで リピーター様専用メルマガの内容

 

 

 

 

アトピー跡や色素沈着のカバーにも

 

 

 
上記のように

絹スカーフについて書かせてもらったところ

 

 

同じように 絹100スカーフの巻き方で 
 

 

あれこれ試行錯誤された お客様 Sさまからメール頂きました。

 

 
良かったらご参考ください^^

 

 
———-(メルマガ後日談)ここから  Sさまからのメッセージ

 

 

こんばんは。
 

 

スカーフの巻き方についてですが…
私も、最初は色々と悩みました(^_^;)

 

 
本来でしたら、
緩くフワッと1回だけ巻いて垂らす…のが好きなのですが、

 

 

首も結構広範囲にアトピーの跡が残ってたりして、
風の強い日も困ったりしてました。

 

 

 
調べて沢山の巻き方を試してみましたが…
 

 

今の所、二重巻きで落ち着いてます。

 

 
二重巻きというのは、 2周&ひと結び、又は2結びです。

 

 

 

そのまま垂らすのではなく、

下で1度、もしくは2度、少しきつめに結んでます。

 

 

最初の2周を緩めに巻いて、
後のひと結びかふた結びを、少しきつめに。

 

 

 

わりと自然にフワッと巻いて見えるので、気に入っています。

 

 

横にずらしたり、結び目をもう一度

クルッと巻いて中に見えない様に隠してみたり…

 

 

色々試してみてます^ ^

 

 

●ちなみに、私が使ってるシルクスカーフは、こちら

 

 

 

●あと、巻き方は →こちらのサイトを参考にしています。

 

 

このサイトでいうと…『ぐるぐる巻き』に近い感じでしょうか。

 

 

 

両端をストールの下に隠しても良いですが、垂らしても素敵です。

 

 

 

せっかくですから、楽しみたいですよね♪

 

 

 

綿のフワフワのストール(播州織)も良いですけど、
やっぱりシルクが好きです。

 

 
大阪府 Sさま

 

 

———-(メルマガ後日談)ここまで  Sさまからのメッセージ 

 

 

Sさま ご返信ありがとうございます。とっても 有難いです!

 

 

 

顔に熱がこもりやすい私の場合、、

 

 
ちなみに私(そら)は スカーフを普段 使う時は、
 

 

カーデガンetc前開きの服の前身頃に ピン留めが多いです。

 

 
ピンの理由は
シルクスカーフは滑りが良いため 風に飛ぶのを防止と

1重巻でも ピンを使えば大丈夫だからです。

 

 

 
1重巻きが好きなのは、、暑がりだからですね(汗)

 

 

 
ピン留めをしない時はどうしているか?というと

 

 

シルクの場合滑らかさがあるので やはり
どこかの段階で 一度 結んでます。

 

 

 

●写真で説明すると
 

 

コチラの 上から3つ目位の写真です。

 

 

白い半袖に青いストールをして
左右にモデルが並んでいる写真です。

 

 

この向かって 左バージョンが多いですね。

 

 

 

垂らす長さが短いほうがバランスが良い時は、
上記の写真プラス もう一度結ぶ事もあります。

 

 
ご参考頂ければ幸いです^^

 

 

  ↓●管理人そらの 裏の顔?プロフィールはコチラで→ マル秘 アトピー対策について  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 150101-94
  2. 140919-2
  3. 141004-58
  4. 140924-1
  5. 150101-91
  6. 140918-8
コメントは利用できません。
アトピー体質改善のため
砂糖断ちを 楽しく継続中♪





  無理なく続ける 砂糖断ち成功のコツ → コチラで  公開してます^^

応援クリックありがとうございます
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ

アーカイブ