アトピーでブラが痒い!肌荒れの粉がアトピー用のブラジャーで減った体験談

03.262018

私自身、アトピーで全身浸出液でグチュチュの汁が止まらない体験を通して、
肌着を着ることさえ痛い!かゆい!と悩み続けてきました。

 

 

このアトピーと下着 服を探す時に2011年頃は情報を見つけられず

とても困ったため、

 

 

その経験を活かして、

大人アトピーの方専用の肌着の通販を2011年から運営しています。

 

 

アトピーのお客様(リピーター様)にも恵まれ、

今もネットショップの運営を続けていて、

 

 

アトピーの方のお悩みを伺っていると、
ある程度 お悩みは共通しているなぁと感じます。

 

 

特に肌着、服関係で多いのがアトピーとブラジャー問題。

 

 

 

私もアトピー悪化時に 1番はじめに
インナーで「無理!」と思ったのが ブラでした。

 

同じようにアトピーとブラジャーでお悩みのお客様に
貴重な体験談メールを頂いたので、

 

 

アトピー ブラジャー対策の参考になればと
紹介させて頂きます。

 

 

アトピーでブラが痒い!私もあるあるでした

 

 

 

特にブラジャー周りは

 

乳首や胸 アンダーバスト部分や脇のアトピー
関係しています。

 

 

 

 

浸出液はだいたい 乳首からはじまる事が多いようです。

 

 

思春期に乳首の皮むけや汁アトピー かさぶたでパリパリを
体験されたケースだと、

 

 

大人になって 全身アトピーのように悪化した時に
乳首アトピーがぶり返すパターンが割と多かったです。

 

 

 

↑私もこの傾向です。

 

 

胸周りがアトピーで赤くなって

痒みが出て 敏感肌が さらに過敏になってくると、

 

 

 

前は気にならなかった

 

ブラジャーのワイヤーやレースなどの化繊の装飾部分、

肩紐のアジャスターの固さや擦れ

 

本当に不快になってきます。

 

 

ブラの締め付けも息苦しく感じるようになるのです。

 

 

一言で言うと、

「アトピーでブラしんどい!もう無理!
ブラジャー付けたくない!ノーブラがいい!」となります。

 

 

家だとノーブラOKかもしれませんが、
やはり外出先ではそういう訳にはいかないので悩みました。

 

 

とこんな感じ アトピーでブラがかゆい!あるある
割と共通しているお悩みの前提があって、

 

 

大人アトピーでお悩みのN様から、
弊社のアトピー用ブラジャーの使用体験談メールを頂きました。

 

 

ブラが肌荒れの原因?の口コミ使用体験レポート

 

 

N様から頂いた アトピーの方向け肌着、
シルクブラジャー使用のメールの紹介です。

 

 

 

返信遅くなり、すみません。

昨日、体調が悪くて、仕事から帰ったら、寝込んでしまいました。

 

 

 

初めてシルクブラをつけて、

 

仕事(従業員食堂のパートをしてます)に行きましたが、

 

 

(肌への)当たりがマイルドで助かりました。

 

 

本当は何もつけないのが一番快適なのですが、
そういう訳にもいかないので…。

 

 

今まではスポーツブラ?(綿でかぶるタイプ)を着けていたのですが、

 

 

当たる部分でこすれるのか、

 

 

落ちた皮膚がたまって、
トイレなどで下着をひっくり返してパラパラはらっていました。

 

 

 

それが、シルクブラは皮膚のたまり具合?が少なかったです!!!

 

 

 

あと、蒸れ感もかなり軽減されますね(^-^)

 

 

それと、イニシャルでの掲載OKですよ。

 

 

 

なった人でないとわからない悩みなので、
私みたいな人に少しでも役にたてたら嬉しいです(^O^)/

 

 

神奈川県 NH様

 

 

 

 

 

 

 

N様 生のお声と掲載OKのお返事をありがとうございます。

 

 

体調 その後のメールの様子から 復活されたようで、
少し安心しています^^

 

 

シルクブラジャーや他の下着など
実体験の様子のレポート 私自身もとても勉強になりますし、

 

同じ悩みの方の参考にもなるので、

いつも お聞かせくださり、本当に助かっています。

 

 

アトピーで感覚が繊細になっている部分への
肌当たり(肌触り)がマイルドだと 精神的にも変わってきますね。

 

 

良かったです。

 

 

 

 

 

アトピー用 ブラジャーでの着るだけ簡単対策

 

 

N様メールの内容に ヒントがたくさん書かれていますね^^

 

 

人それぞれ アトピー悪化要因は違っており、

 

 

今回のN様のケースも、

色んな要素が重なることで良い方向に向かったのだと思います。

 

 

 

N様メールから想像すると、

アトピー用 ブラジャーで上手く対策が出来た箇所は、

 

 

 

 

初めてシルクブラをつけて、
仕事(従業員食堂のパートをしてます)に行きましたが、

 

(肌への)当たりがマイルドで助かりました。

 

 

 

 

→ シルク素材の肌触りをマイルドに感じたことから
シルク素材と肌の相性が良かったようですね。

 

 

また 今回のシルクブラジャーは 前から使われていた綿と同じ
スポーツブラタイプで 形は同じとの事。

 

 

 

なので より シルク素材の特質と 肌触りのソフトさの影響がありそうです。

 

 

やわからい綿もあるので、

たまたま 湿疹に触れる部分がヘリなどで固くて
擦れて刺激になっていたのかもしれません。

 

 

 

 

 

今まではスポーツブラ?(綿でかぶるタイプ)を着けていたのですが、

 

 

当たる部分でこすれるのか、

落ちた皮膚がたまって、

 

トイレなどで下着をひっくり返してパラパラはらっていました。

 

 

それが、シルクブラは皮膚のたまり具合?が少なかったです!!!

 

 

 

 

この 擦れによる摩擦の刺激で、乾燥による粉が増えて
溜まっていたのかもしれませんね。

 

 

乾燥アトピーの時って、たくさん粉が出ますからね。

 

 

私も「通った場所すべてに粉が落ちてるよ」
と家族に言われたことがあります(汗)

 

 

 

また 以前のコットンと今回のシルクの素材の固さの違いだけでなく、
擦れの回数が多かったのかもしれません。

 

 

 

つまりサイズが大きく、より動く度に擦れが発生していたのかも?という意味です。

 

 

かと言って 締め付けが強いのも
特に胸アトピーがしんどいときはつらいので、

 

お好みで選ばれる事をおすすめします。

 

 

 

あと、蒸れ感もかなり軽減されますね(^-^)

 

 

 

蒸れについては、シルク素材の特性そのものかと^^

 

 

 

梅雨や夏など暑くて汗で蒸れやすかったり
湿度の強い天気や時期は、違いがよくわかります。

 

 

そもそも胸は常にブラで覆われていて蒸れやすい場所ですし、

 

 

乳首や胸まわりから常に浸出液が出ている時も、
ムレが続いている状態なので、

 

ムレ対策は大事なのです。

 

 

汁アトピーの時は、浸出液が乾燥することで、

 

改善につながっていくため、

 

ずっと蒸れていると なかなか良い方向に向かいにくくなるんですよね。

 

 

 

アトピーでブラが痒い時のブラジャー対策まとめ

 

 

 

 

というわけで、N様の貴重な実体験レポートの内容から
アトピー用ブラジャーでの対策のポイントを以下にまとめました。

 

 

別の言い方をすれば、

ブラジャーを 綿からシルクに変える事で見えてくる

胸アトピー改善の可能性、ターニングポイント です。

 

 

 

 

▼ブラジャー対策のまとめポイント

 

○シルク素材の特性である 肌触りのやわらかさ 

 

 

○適度な 肌に優しいやわらかなフィット感による

ブラ(特にアンダーバスト部分に多い)の擦れの軽減

 

 

→また擦れたとしても 肌に優しいと乾燥による粉やかさぶた 皮めくれを減らせる

 

 

通気性が良いので蒸れの軽減→ 浸出液の汁の乾燥がはやまるケースがある

 

 

○アジャスターやレース ホックなどの装飾の無い
シンプルな かぶりタイプのスポーツブラジャーデザイン

 

 

 

 

 

アトピーあるあるの ストレスフルな辛い食事制限と違って、

下着は 着るだけ 今までの肌着から替えるだけなので、

 

 

重いアトピーでしんどい時こそ 取り入れやすい対策だと思います。

 

 

 

良かったら 下着対策も選択肢の一つとして
積極的に取り入れて頂けたらと思います^^

 

 

 

乳首や胸アトピーで シルクブラジャーで対策したい場合

良かったら詳細をチェックしてみてくださいね。

 

 

N様 の体験談レポートメールの
購入されたシクルブラジャーの詳細は→ こちらです

 

 

 

↑このブログ記事を書いている段階で、
同じブラジャーは完売間近です。

 

 

リンク先が無効になっていたら申し訳ありません。

関連記事

アトピー体質改善のため
砂糖断ちを 楽しく継続中♪





  無理なく続ける 砂糖断ち成功のコツ → コチラで  公開してます^^

応援クリックありがとうございます
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ

カテゴリー

アーカイブ