アトピー完治のキモ 冷え性改善で避けたいもの

冷えとり健康法を2011年の秋から続けてきて
冷えとアトピーの関係は根強いと実感しています。

冷えて 血流が悪くなると
その血流が悪い部分のお肌の調子が悪くなります。

肌色もくすんできます。

即効性のある冷え対策としては
いっぱいあります。

湯たんぽとか 温かいものを飲むとか。

ウォーキングなど運動するとか。

でも それって その場限りの
対症療法。

対症療法が良くないという意味じゃなく
冷え性そのものを 体質改善したいですよね。

冷えにくい あったかいぽかぽか体質でいたい。

それに
アトピー完治の3歩先を見据えたときに、
冷え体質とは さよならしているはず。

体質そのものから根本的に再構築するには、
生活習慣レベルで変えること。

生活習慣といえば いちばんに思い浮かぶのは
やはり 食事、食習慣なんですね。

実際 4回の 全身ずる剥けの ゾンビアトピーを体験して
感じたことですが、

冷えを感じる食べ物 1位は
ダントツで 砂糖です。

甘いお菓子は 食べてる途中から
鼻水出てきます。

+ 小麦も すごく冷えます。

甘いもの+小麦は 最強の 冷え促進コンビ。

でも おいしいんですよね。

この 小麦+砂糖の食べ物って
超幸せな組み合わせで 素敵な発見ですもん。

アトピーさんの大好きな(私も好きです)
菓子パン クッキー ケーキ どら焼き
おせんべい(意外と小麦使われてます)

酵素で砂糖中毒を克服 して
砂糖の怖さを 思い知った今は

よっぽどの時じゃないと 食べないですね。。。

おいしいんだけどね。

砂糖がやめられない アトピーさんは

特に 秋冬の冷える時期や

冷えている実感がある時期だけでも

砂糖を控えると 身体がとても楽になりますよ。

●春夏秋冬 季節ごとのアトピー対策
私は こちら の無料冊子で 先取りして 取り入れてます。
(バックナンバーが読めるので)

無料でいいの?って位 お役立ち情報がぎゅっと
詰まっていて、中身が濃く とても面白いです。

宣伝電話も もちろんかかってきませんし、
押しつけがましくありません。

無料登録で お役立ち情報満載のバックナンバー読めますので
少し先の季節の アトピー対策 先取りして
備えておくと心強いですよ♪

 

  ↓●管理人そらの 裏の顔?プロフィールはコチラで→ マル秘 アトピー対策について  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 140923-2
  2. 141004-54
  3. 140927-1
  4. 140812-3
アトピー体質改善のため
砂糖断ちを 楽しく継続中♪





  無理なく続ける 砂糖断ち成功のコツ → コチラで  公開してます^^

応援クリックありがとうございます
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ

アーカイブ