かきむしり 防止の手袋の選び方は 大人 アトピーに学んだ

04.012018

 
アトピーで悩み抜いた体験を活かして
アトピーの方専用の通販を2011年から運営しています。

 

 

私自身は 全身 浸出液の汁だらけのアトピーも体験しましたが
 

 
身体の一部分だけの部分アトピー対策グッズも扱っているため、

部分アトピーのお客様もいらっしゃいます。

 

 

 

特に 手アトピーの方 手だけアトピーの方は多いと感じます。

 

 

 

手って 最後に改善していく場所と言われ、
また 手アトピーは再発しやすい場所のようです(私も特に春に出やすいです)

 

 

やはり、普段から酷使しますし、

常に露出していて 花粉やPM ダニホコリ 紫外線にさらされていますので。。。

 

 

 

もしかすると、手の肌が弱くてアトピーじゃなくても、
 

 
手湿疹や汗疱 手荒れ あかぎれ ヒビが出やすい方は

潜在的にアトピーになりやすいタイプなのかもしれませんね。

 

 

あくまで個人的な推測なんですけども。

 

 

 

かきむしり 防止 手袋の2つの役割

 

 

 

アトピー通販のお客様の話を伺っていると

かきむしり 防止の手袋を探す時には、2パターンあります。

 

 

 

まず、ぱっと想像しやすいのは、

寝ている間の掻きむしり防止というパターン。

 

 

 

顔や身体 を 寝ている時に無意識で掻いてしまうので、

就寝時のかき壊しにお悩みのパターンです。

 

 

 

もうひとつのパターンは、

手(指)のアトピーや手湿疹 手の汗疱など

 

 

手そのものがかゆいために、

手の掻きむしり防止の手袋を探されているパターンです。

 

 

いわば、手の対策そのものに重点を置くパターンです。

 

 

 

私も手にアトピー強く出たことがあるからわかるのですが、

 

 

手は常に視界に入るし ちょっとした刺激ですぐに痒くなりやすい場所で、

 

 

手の湿疹を見ていると 何気なく 掻き癖が出てきて

ついつい触ってしまって 掻き崩してしまうのです。

 

 

 

 

この ついつい 手が気になって
見えるから触りすぎて そこから掻き崩しがはじまるパターンに対して、

 

 

手袋を着用して対策する方法は意外と便利なのです。

 

 

 

実際に 手袋を使い続けるというのは、
仕事の種類や周りの環境によって難しい状況もあるかと思いますが

 

 

自由な職場だったり 比較的自宅にいる時間が長い場合は
実践しやすいですね。

 

 

 

あと受験生の方のように

 

 

勉強(または仕事)で集中したいのに
手指アトピーが気になって集中出来ない時なども良いようです。

 

 

 

私は今は そんなに手指の湿疹が悪化することは減りましたが、

 

 

パソコンのデスクワークで手先が冷えて血流が悪くなったり

 

 
電磁波が苦手なので(ピリピリする感じ、、敏感なのです)

手荒れ予防目的で 手袋を活用しています。

 

 

あと春先の花粉やPM2.5 黄砂などが飛ぶ時期も
これらの浮遊物がくっつくと 痒みやアカギレが出やすいので、

 

 

予防のためにも 外出時は手袋をしています。

 

 

 

かきむしりの防止 大人の場合は

 

 

 

で、上に書いた2パターンでは、
寝ている間のひっかき防止の手袋活用のほうが有名です。

 

 

ですが、手アトピーそのものに向けての手袋対策も
案外 応用範囲が広いのです。

 

 

それで 大人になって手に汗疱(水疱が出て痒みが強い状態)が出来て、
お悩みだった A様から

 

 

汗疱への手袋対策のご報告メールを頂いたので掲載させて頂きます。

 

 

 

 

そらさま♪メールありがとうございます(^^)

 

 

シルクガーゼの手袋
外出する時に活躍しています!

 

 

汗疱はピークを過ぎたのか
少しずつ少しずつ減ってきた気がしています。

 

 

まだステロイドを塗っていますが
今の私にはしかたないこと…と思うようにしています。

 

 

 

ビオチン療法と亜麻仁オイルを
毎日摂るようにしているのも効果があるのかもしれません(^-^)

 

 

来週月曜に大学病院の診察を受けることになりました。

 

 

皮膚科も症状別の専門外来があるそうです。

 

 

対処療法ではなく汗疱の根治を目指すには

 

自分で出来ることと
やはり相性の良いドクターに診てもらうことだと考えました。

 

 

私自身 自分が汗疱になるまで
こんな病気があるなんて全く知りませんでした。

 

 

同じ汗疱で苦しんでいる人がこんなにも大勢いることも…

 

 

家事も満足に出来ず
仕事もしたいのに休まざるを得ない状態で毎日泣いてばかりで…

 

 

でも そらさまのサイトで
同じ汗疱に悩む息子さんがいるお母さんのコメントを読み
 

 
私も頑張らなくてはと思いました。

 

 

 

私の場合 息子の骨折と仕事の悩みが重なり
トビヒを患ったあとに汗疱を発症したので
 

 
おそらくストレスだと思います。

 

 

アトピーや汗疱で悩む人がそらさまに出会えるといいな…

 

 

長々と書いてしまいましたが
私の汗疱のことや思いをお伝えしたくて…

 

 

 

そらさまも お忙しいと思いますが
無理ないようにお身体ご自愛くださいm(__)m

 

 

シルクガーゼ手袋が 私のお守りです\(^^)/

 

 

大阪府 AKさま

 

 

 

 

 

Aさま 色々な対策法や 手袋の活用方法も、、
またお気持ちを書いてくださり ありがとうございます。

 

 

個人的に 大人のアトピーの場合、
 

 
他のアトピーのお客様のお話を伺っていても
やはり ストレスは大きいと感じます。

 

 

手アトピーは 特にストレスと直結しているような?

 

 

(あと顔アトピーも ストレス直結しやすいと思います)

 

 

手はイラッとすると 無性に痒くなりますからねー。

 

 

そして 掻きやすいです(汗)

 

 

私は 無意識で イライラを発散するかのように
掻き続けていて ハッとした事があります(汗)

 

 

同じ汗疱に悩む息子さんがいるお母さんのコメントとは、
 

 
受験生の息子さんのために
手袋を続けて購入されていたお客様の事ですね。

 

 

印象的でしたので私の記憶にもしっかり刻まれています。

 

 

勉強 がんばっていらっしゃいました。

 

 

あの手袋は柔らかくて伸びるので 男性の方も使われています。

 

 

また 手袋は A様のように 例えばステロイドなど
他の対策と併用出来るのも良いところです。

 

 

 

アトピーのかきむしり 防止 水疱や汁対策に知っておきたい事

 

 

 

どこのアトピーもとても痒い、、というのは
身にしみてわかってはいるのですが、、、

 

 

手のアトピーは 本当に痒いです。

 

 

それはそれは 発作のように痒いです。寝ていても痒いです!

 

 

 

手にできる小さな水ぶくれや じゅくじゅくした浸出液の汁も気になって

 

 
ついつい触りすぎて そこからまた痒みが強くなって

結局 掻き壊してしまう、、悪循環。

 

 

 

この 痒みを手袋で何とかしたいと対策を考える時のポイントは、

 

 

非常に感覚的ですが

肌ざわりや 着用した時の快適さが大事です。

 

 

 

いかに手袋を着用していない時に近い感じの感覚か?です。

 

 

 

暑い 蒸れる感じがする よくわからないけど不快、というのは

 

 

寝ていたら気づけば外していますし、

だんだん手袋を着用しなくなるからです。

 

 

 

サイズが手にあっていなくて 小さくきついと感じるのもNGです。

 

 

あと 蒸れるのも痒くなりますので 通気性は大事です。

 

 

 

大まかに言うと

あまり着用している感じがしない という状態であればあるほど良い
という事ですね。

 

 

この着用感覚の軽さのヒントが

Aさまが書かれている シルクガーゼ素材なのです。

 

 

 

ガーゼの網目状になっているため、通気性がよく蒸れにくいです。

 

 

(シルク素材そのものの特性としても綿と比べて蒸れにくいです)

 

 

それに とてもやわらかくよく伸びるので、
フィット感がキツいと感じにくく、しんどくない。

 

 

 

ただ コットン素材と比べると
シルク素材はデリケートというデメリットもあります。

 

 

そして ガーゼ素材なので 摩耗しやすいですね。

 

 

 

そう 綿のほうが丈夫なのです。

 

 

だけども 綿手袋は蒸れやすく(素材の種類にもよりますが)

浸出液とくっつきやすいデメリットもあります。

 

 

 

この浸出液の(かさぶた)とくっつくと、
着脱の際にはがれて 再度 傷口が開くことが不快で、、、

 

 

汁で蒸れて暑くて不快になって、
結局手袋をしなくなるという事になりかねません。

 

 

 

また シルクとガーゼのダブル効果で
浸出液の汁がくっつきにくいというのも 快適さにつながります。

 

 

 

というわけで 特に グチュグチュ ジュクジュクの汁っぽい
アトピーの状況がなかなか変わらないという時ほど、

 

 

つけ心地が軽く 蒸れにくい
シルクガーゼの手袋を試す価値がある と感じます。

 

 

 

 

手の肌のお悩みに、お守りのように愛用されている

A様が 購入された手袋は →コチラ

 

 

↑ちなみに私の場合は 外出の時の花粉よけや紫外線対策には
同じシルク100%でも違う素材の → コチラの手袋 を愛用しています

 

 

関連記事

アトピー体質改善のため
砂糖断ちを 楽しく継続中♪





  無理なく続ける 砂糖断ち成功のコツ → コチラで  公開してます^^

応援クリックありがとうございます
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ

カテゴリー

アーカイブ