生理の時の 陰部 アトピー 悪化対策

相談しにくい場所のアトピーになったことありますか?

 

私は実は 何回もあります。

 

デリケートゾーンの 陰部アトピーとか
Vラインのアトピー

あと乳首アトピー体験しました。

 

デリケートゾーン(陰部)アトピーと
Vラインアトピーは 全身どろどろのゾンビアトピー時に
悪化。

 

乳首アトピーの方が 氣を抜くと出やすいですね。

 

 

特に陰部アトピーは もともと じめじめ湿気ている
(湿気により肌を守っているとも言えますが)部分だから
悪化すると なかなか治りにくいんですよね(涙)

 

両方とも痒くても掻きにくいし、
陰部アトピーは トイレの時痛いし(涙)

人に相談しにくいし 病院にも行きにくいし
ストレス満載で 一刻も早く治したい部分です。

 

特に 毎月の生理の時には
しみて、、つらいです。

 

生理ナプキンによる かぶれや スレ
経血で より悪化します。

 

悪化を防ぐ対策として
まず ひとつは 生理ナプキンにかぶれるなら
ナプキンじゃなく タンポンを使うという手がひとつ。

 

ただ 若い方には タンポンって抵抗があるかも?

 

私はレオタードを着る運動部だったので
生理と重なると タンポン使うしかない環境だったので
抵抗は少ないのですが、、、

 

身体に異物を入れ続けることになるので
本当は 身体の外で経血を受け止めるナプキンの方が
身体への負担が少ないと思いますね。

 

タンポンが合う方は これだけで
ナプキンかぶれから解放されて、
ずいぶん楽になりますよ^^

 

続きの
生理の時の陰部アトピー悪化対策 の続編記事は
また 改めてアップします。

  ↓●管理人そらの 裏の顔?プロフィールはコチラで→ マル秘 アトピー対策について  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 141004-36
  2. 140813-6
  3. 140927-6
  4. 140914-5
コメントは利用できません。
アトピー体質改善のため
砂糖断ちを 楽しく継続中♪





  無理なく続ける 砂糖断ち成功のコツ → コチラで  公開してます^^

応援クリックありがとうございます
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ

アーカイブ