アトピー 保湿クリーム捨てて アトピーから自由になる

140904-5

●アトピーの保湿剤を捨てるという意味は?

 

え? 乾燥バリバリのアトピーなのに
保湿クリーム捨てるって?!

何言ってんの?って 思われたかもしれません。

 

クリームとか保湿剤とか化粧品。

アトピーさんにとっての大事な7つ道具ですからね。

 

アトピー 保湿クリーム捨てて というのは
例え話です。

 

実際に捨てるかどうかは別として、

「あれ?保湿クリーム どこに置いてたっけ?」
「もしかして、捨てちゃったのかも?」という位、

アトピーのことを忘れている状態がいいね!
という意味です。

 

アトピーを忘れているってことは
それだけ アトピーを意識していない状態のこと。

 

いつも手放せなかった保湿クリームのことを
忘れちゃってるくらい、

 

アトピーから解放されて
アトピーから自由になっている状態の事なのです。

 

しかも 今のアトピーの状態に関係なく。

 

 

「どんなに 重度のアトピーであっても、

アトピーから自由になれる」

 

これは 全身ずる剥けの 滲出液がとまらない状態
4回のゾンビアトピーから
不死鳥のように復活した体験を通して
痛感したことです。

 

あ、しんどいアトピーの時でも
まったく落ち込みませんというワケじゃないですよ。

 

そりゃあ、アトピーきついと
肌に違和感ありますし、
見た目も氣になるし、凹みますよ。

 

ただ、
実際の肌の状態と
氣もちのもちよう(考え方)は 別物なんです。

 

 

●アトピー完治じゃなく

アトピーからの自由を目指す

 

その 氣もちのもちよう(考え方)というのは、

目指す先を 完治 じゃなく 自由 にする こと。

 

別の表現で言うと
「アトピー完治にこだわりすぎないこと」 なのです。

 

痒いだけじゃなく 皮一枚が無いような痛さや
つっぱり感、不眠、ストレス
たまらない不快感が一斉にやってくるアトピー症状なので

 

もう二度とこの不快感を味わいたくない!

完治したい! って 強く願う氣もち、

何度も経験しましたし、

痛いほど わかります。

 

私自身 長い間 アトピー完治を目指してました。

 

人一倍 肌にコンプレックスがあったし
民間療法も含め あらゆる治療法を試したし、

健康オタクにもなりました。

 

でも、完治にこだわるあまり、

「アトピー完治のために生きている人」になってました。

 

これって おかしくないですか?

 

人生の目的 = アトピー完治 って。

病気を治すために 生きてるって。。。

 

一度きりの人生
やりたいことを 思いっきりしたいのに。

 

しかも 完治したい に こだわりすぎると

「アトピー完治して やっと人並みの普通の人生が手に入る」
という思考になるのです。

 

例えるなら
マイナススタートから ゼロになるイメージです。

完治することで やっと ゼロ地点に戻れるイメージ。

 

そして 怖いことに
どんどん 先延ばし先送りする悪循環のパターン
知らないうちに身についてます。

 

先送りパターンというのは、

アトピー完治したら(治ったら)○○しよう。

婚活しようとか。

したい仕事の○○はじめよう、というものです。

 

無意識のうちに アトピー完治を都合のいい言い訳
使うようになるのです。

要は 今この瞬間の時間を大事にしていない という事です。

 

本当に 今を大事にしてるなら、
アトピーが、どんな状態であろうと
今すべき 一歩を 積み重ねていくはず。

 

その 毎日少しずつの進化の結果、
振り返れば
着々と 叶えたい事へ 近づきつつある充実感があるはず。

 

 

でも 完治にこだわりすぎてたら、

完治してから を言い訳に
一歩さえ 踏み出せていないかもしれないのです。

 

時間って 毎秒毎秒の積み重ねなので
この 時間の過ごし方の差って大きくて

人生の充実度の差 につながります。

 

自分のアトピー体験を通して
この完治を言い訳にする先延ばしパターンに 氣づいた時、

もう 頭を 殴られたみたいに
恥ずかしかったし 後悔の嵐が吹き荒れました。

 

あぁ、私 なんて無駄な時間を過ごして
しまったのだろう。

 

だから 決めました。

 

アトピー完治のための人生なんてイヤだ。
完治にこだわり過ぎるのはやめよう。

 

私は
今この瞬間を大事に生きたいし

愛おしい大事な時間にしたいのだ。

 

 

●アトピー完治にこだわりすぎていた理由は?

 

アトピーという問題解決の方法は
完治しかありえないと思っていたから。

 

完璧に治らないと 問題は消えないと
思い込んでいたから。

 

でも 100% アトピーが消えなくても
問題が問題じゃなくなればいいのです。

 

アトピー大問題 だったのが
そんなにたいした問題じゃないな
になればいいのです。

 

問題が完璧にゼロにならなくても、

 

え?そういえば 問題だっけ?位の
氣にならない位、忘れてる位

保湿クリーム?そういえば 捨てたっけ?位の
アトピーを いつの間にか意識しない位
になれば良いのです^^

 

もちろん 肌をもっと綺麗にしたいという
想いは持ち続けてますよ^^

 

というわけで
進む先を アトピー完治に設定しない方が
結果的に 心身ともに 健康でいられるよって
体験談を書いてみました。

 

だって
アトピー完治にこだわりすぎるあまり

今この瞬間の愛おしい時間を味わわずにいたら
本末転倒だから。

 

つまり 私にとって
アトピー完治を手放すことは

その分 愛おしい時間が増え続ける
ということ。

 

4回 全身ゾンビアトピーになって
やっと 氣づけたのです。

 

ふぅ、今更ながら
やっと ゾンビから人間になった氣分ですヨ(笑)

 

そして 実は
アトピー完治を言い訳にして 先延ばしにしてきたことって
ある共通点があるんです。

 

また 機会を見つけて 書きますね^^

  ↓●管理人そらの 裏の顔?プロフィールはコチラで→ マル秘 アトピー対策について  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 141004-27
  2. 141004-19
  3. 150101-28
  4. 150101-48
  5. 150101-153
コメントは利用できません。
アトピー体質改善のため
砂糖断ちを 楽しく継続中♪





  無理なく続ける 砂糖断ち成功のコツ → コチラで  公開してます^^

応援クリックありがとうございます
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ

アーカイブ