陰部 アトピーの痒み改善と冷えとり 同時にできる方法

140916-3

運営するアトピー肌専門ネットショップ のお客様からも
ちょくちょく ご相談いただきます。
 

 

外陰部 デリケートゾーンのアトピー。
 

 
 

人に相談しにくい部分ですが
やっぱり女性同士の方がこういうリアルなお話はしやすいですよね^^

 

 

外陰部ではなくても
ショーツのゴムが擦れるVラインビキニラインの
痒みや黒ずみでお悩みの方も多いです。
 

 
 

経皮毒の話を聞いて
特に唇や陰部は 粘膜そのものなので
ステロイドを塗るのが怖いという話、、とてもお氣もちわかります。
 

 
 

 

私も陰部アトピーになったことがあるのですが
ヒリヒリするし 人前で掻けないし(涙)
 

 
何より 長引きやすいアトピー部分だと思います。
 

 
 

からだの機能として 常に 湿っているし
特に夏は蒸れやすいですし。。。
 

 
 

それに なかなか病院に行って相談しにくいという
人も多いのではないかなぁと思います。
 

 
 

皮膚科よりも女性の先生がいる
婦人科の方が相談しやすそうですよね。
 

 
 

ただ 陰部のカンジダ症などの可能性もあるので
長引いたり 氣になるようなら
はやめに 病院に行った方がいいと思います。
 

 
 

病院医者キライの私ですが
また 陰部アトピーになったらはやめに病院に行こうと思っています。
 

 
 

ひとまず外陰部のアトピーやかゆみを今すぐ何とかしたい場合は?

 

 
 

私の体験上では
基本 湿っている滲出液や汁が出ているアトピー
まず一番に乾かすことを 徹底すると良いです。
 

 
 

つまり この場合は 通気性を良くすること。
 

 
 

直接触れているショーツ
化繊のものや通気性の良くないものなら替える。
 

 
 

アトピーの方がよく使われていて
意外と見落としがちなものは 綿100%のもの。
 

 
 

綿は天然素材ですが 繊維内に水分を含み 放出しませんので
ずっと湿っており 通気性は悪いままです。
 

 
 

なので 天然素材では 絹シルクのショーツがお勧めです。
 

 
 

 

そして蒸れ防止という意味では
 

 
パンツスタイルよりも スカートスタイルの方が
すかすか風通しがよいので おすすめです。
 

 
 

 

どうしても、ショーツ(下着のパンツ)を替えるのが難しい時は?

 
 

 
こういう素敵な便利アイテム があるので
活用してみてはいかがでしょうか?
 

 
 

 

↑これ、冷え取りも同時に出来て 一石二鳥なのです。
 

 
 

あったかくて、細胞がリラックスするのがわかります。

 

 

私も 超愛用してまして、
10近く購入して 常にストックしています。
 

 
 

製造元さんの理念も大好きですね^^

 

 

  ↓●アトピー研究家そらの 裏の顔?プロフィールはコチラで→ マル秘 アトピー対策について  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 140812-1
  2. 150101-147
  3. 140813-7
  4. 150101-148
  5. 150101-94
  6. 140914-7
アトピー体質改善のため
砂糖断ちを 楽しく継続中♪





  無理なく続ける 砂糖断ち成功のコツ → コチラで  公開してます^^

応援クリックありがとうございます
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ

アーカイブ