生理前 肌 ザラザラにならずに 冷えとり靴下破れまくりです

140920-8

薬を使わずに アトピー体質改善のために はじめた

冷えとり健康法。

 

 

いつも 悪化傾向の 年末年始 そして お正月時期ですが
 

 
この2014-2015の年の変わり目は
かなりお肌の調子が良いです。
 

 
 

食べ過ぎるし 寝る時間遅いし 不規則だし、、で
生活がすごく乱れるので
だいたい この時期は いったん調子を崩しがちでした。

 

 

さらに 今回は 生理前というお肌にとっては悪条件が
重なっているけど なんだか 例年より
ずいぶん 乾燥や赤みがマシです。
 

 
 

しかも 潤ってます(当社比)
 

 
 

振り返ってみると
 

 
やはり この年末年始あたりに
秋以降の生活習慣が影響出てくるのでしょう。
 

 
 

 

2014年の年始頃は まさに下り坂でした。
 

 
アトピーの赤み腫れむくみが 顔や体に出始めていて
あぁ、これは浸出液出るところまでいくって 思いました。
 

 
 

確かに2014年の秋以降は
チョコレート中心に甘いもの過食が止まりませんでしたからね~。
 

 
 

ポテトチップスも、しょっちゅう食べてましたし。
 

 
今年は夏以降 ほとんど 砂糖 甘いもの系を控えてます。
 

 
大好きだけど からだに合わない小麦粉も避けてますね。
 

 
 

なので こんなに肌の調子が上々で
からだもスタミナがUPしているのでしょうね^^
 

 
 

 

ただ、、、冷えとり靴下穴あき 破れがすごいです。

 
 

 
その代わりなのか?
 

 
 

最近 冷えとり靴下の破れ方が激しいです。
 

 
 

アトピーという肌に出る めんげんが出ない代わりに
 

 
靴下が かなりの毒受けをしてくれているのかしら?
 

 
 

それも今年の年末年始(厳密には12月頭位から)の特徴は
 

 
いちばん外側の 先丸 綿100%の
重ねばきの中では 丈夫なはず?の靴下が破れます。
 

 
 

これって どういう傾向なんでしょう?
 

 
 

 

そして 寝ている間に この一番外側の綿100の靴下が
脱げていることが多いのです。

 

 
 

毒がたまっていると 脱げることが多い
きいたことがありますが、、実際どうなんだろう?
 

 
 

こういう続けて就寝時に脱げているパターンってはじめてです。

 

 

綿という素材の特性上 シルクより丈夫なはずなんだけど
 

 
色んな冷えとり靴下を試した中で
毒出し力が強い靴下を愛用してるからでしょうか?

 

 
 

ゆる目なんだけど、、、
なんだか ぐんぐん毒を吸い取ってくれてる感じがするんです。
 

 
 

家にいることが多いので
 

 
デザインより効果 効能 効率 重視(笑)
 

 
 

そして何より この靴下は 履いていて氣もちいいです。
 

 
 

 

きっと 冷え取り靴下が
全力で毒を吸い取ってくれていて
 

 
アトピー症状のめんげん回避してくれているのでしょうね。
 

 
 

それとも 靴下が受けてくれてる毒は
アトピーという めんげんとして出る毒とは
毒の種類が違うのかしら?

 

 
 

ちょっといつもと違う現象なので
忘備録として書いてみました。
 

 
 

 

ちなみに アトピーの私が人体実験して感じる
いちばん毒だし力の強い冷えとり靴下(綿先丸)は  → コチラです。

 

 

  ↓●アトピー研究家そらの 裏の顔?プロフィールはコチラで→ マル秘 アトピー対策について  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 150101-123
  2. 140912-3
  3. 140922-5
  4. 140918-8
  5. 140913-4
アトピー体質改善のため
砂糖断ちを 楽しく継続中♪





  無理なく続ける 砂糖断ち成功のコツ → コチラで  公開してます^^

応援クリックありがとうございます
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ

アーカイブ