アトピー 乳首の滲出液 汁を止める方法

140922-6

アトピー肌を応援するネット通販のお客様とのメール相談や

お問い合わせで思う
ちょっと人に言いにくい相談しにくい場所のアトピー。

 
 

1位は陰部 デリケートゾーン つまりオマタ←オブラート無(汗)
 
 
2位は乳首 ですね。

 
 

男性の乳首アトピーはわからないんですけど。。。

 
 

ホルモンの関係で
女性の方が乳首アトピーは出やすいんじゃないかな?
 
 
 

特に 思春期 または 更年期 授乳期など
女性ホルモンの影響が強い時期に割とよく おききします。
 
 
 

乳首だけ ずっとアトピー治らないという話もききます。
 
 
 

私は 中学 高校と 全身アトピー時(授乳は関係なくて)に
乳首アトピー出てました。

 
 

はじめ痒いだけで 掻きむしっていたら(掻きにくい場所ですけど)
乳首切れて 滲出液噴出(涙)

 
 

黄色い汁がとまらなくて 瘡蓋になったと思ったらブラにくっつく。

 
 

ブラを外すときに はがすのが痛くて憂鬱だったなぁ。

 
 

掻きすぎて 乳首が切れて 取れるんじゃないかって
思うこともありました。

 
 

学生の時は 一生 乳首がこのまんまなのだろうか?
と悩んだりね。

 
 

学生の時の自分に戻って 大丈夫 きれいに復活するよって
言いたいですね^^

 
 

 

乳首アトピー改善方法は?

 

 

乳首の浸出液の 汁が出ているような
じゅくじゅく湿っている系のアトピーを はやく戻したいなら
 
 
とにかくじゅくじゅくを乾かすことを、
まず一番に対策するといいです。
 
 
 

乾かして瘡蓋で覆って その下の肌が育つのを待つこと。
 
 
 

ノーブラが一番かなぁと思いますが、
そういう訳にもいかないですからね(汗)
 
 
 

あ、就寝時に お休みブラつけている方いらっしゃいますけど、
 
 
締め付けはよくないので、寝ているときのブラは辞めましょう。
 
 
 

外出時などブラをしなくてはいけない時は、
 
 
アトピーあるあるで よくある方法ですが
素肌に直接ブラジャーを付けないようにします。
 
 
 

 

具体的には
タンクトップやキャミソールの上からブラをする方法。

 
 

タンクトップONブラが いちばん手っ取り早い方法です。
 
 
 

もともと超こだわりのブラジャーでない限り、
市販のブラのカップ側(内側)の素材って 化繊が多いし、
 
 
結構 布の肌理が粗いんですよね。
 
 
 

その肌理の粗い繊維の摩擦をやわらげるため、
とブラの内側の蒸れ防止のためです。
 
 
 

なので乳首が直接触れるタンクトップの素材は
綿ではなく 絹シルクしましょう。
 
 
 

 

綿は 滲出液がくっつきやすいのと、
 
 
汁を吸っても 繊維内に汁を留める特徴があるので
ずっと湿っていて 蒸れ続け 渇きません。
 
 
 

シルクは逆に 吸った汁を 外に放出させる特徴があり
余分な水分を飛ばすから 蒸れにくいです。
 
 
 

それに 綿に比べて 表面が滑らかだから
滲出液が貼りつきにくいです。
 
 
 

 

手持ちのブラの内側に 絹シルクの布を縫って
貼りつけるという方法もあり
です。
 
 
 

その場合 ブラカップ内側全面に縫い付けるといいです。
 
 
 

乳首が擦れる部分だけ小さく貼り付けても
蒸れは解消しにくいからです。
 
 
 

 

ただ、乳首以外にも背中や脇胸デコルテ周りに
アトピーの湿疹があるなら
 
 

血流が悪い証拠なので
今のブラジャー自体を見直した方がいいですよ。
 
 
 

 

タンクトップは単品でも使えますし、
見た目を氣にしないのであれば
 
 
タンクトップの上にブラが いちばん簡単かな?と思います。
 
 
 

タンクトップだと

擦れて痛い ブラの肩紐部分も保護できますから^^
 
 
 

 

このタンクトップONブラ、
乳首アトピーが出てない今も
楽すぎて 辞められない私は シルク依存症かも(笑)

 
 
 
 

→乳首アトピー対策には コチラのタンクトップ を超愛用しています。

 

 

↑やわらかくて伸縮性ありつつ 縫製しっかりで
 
 
分厚くないので かさばらないし、
上からブラジャーつけるのに 本当にぴったりなのです♪

 

 

  ↓●管理人そらの 裏の顔?プロフィールはコチラで→ マル秘 アトピー対策について  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 140914-5
  2. 140916-3
  3. 140812-2
  4. 140923-2
  5. 150101-96
  6. 170115-6
アトピー体質改善のため
砂糖断ちを 楽しく継続中♪





  無理なく続ける 砂糖断ち成功のコツ → コチラで  公開してます^^

応援クリックありがとうございます
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ

アーカイブ