市販マスクで肌荒れ かゆみ出るときの対策方法

140925-3

花粉や黄砂 PM対策 それに、インフルエンザ等感染症予防、、
年中マスクをしている人が多くなってきましたね。

 

 

ひと昔前は マスクは ちょっと目立つ氣がして
なんだか大げさかなぁ?と思っていましたが

 

電車乗っていてもマスク率高いなぁって思います。

 

 

私自身は マスクは本来めちゃめちゃ苦手です。

 

鼻呼吸してますが もう息苦しくて(涙)

 

 

本当に調子悪い せき くしゃみ止まらない
喉痛い 風邪ひいてる最中

という時しか実際 使ってないです。

 

あとは人ごみ多い場所に行く時などですね。

 

 

流行りの寝る時用マスク、おやすみマスクはしませんが

 
旅行で新幹線や飛行機の中で寝るときには

口開けたまま寝そうで怖いので(爆)マスク着用必須です。

 

 

マスク苦手なので 普段から予防対策などで
マスクを長時間つけているのって大変だなぁと感じますね。

 

慣れてきたら大丈夫なのかもしれませんが。。。

 

 

アトピーの方のマスクのお悩み

 

 

アトピーの方に向けてのネット通販 を運営していると

マスクのお悩みをお聞きします。
 

 
 

マスク使いたいけど 市販のマスクが痒い 痛い かぶれる、

つまり マスクで肌荒れする ってことです。

 

 

調べてみたら アトピーではなくても
マスクする頻度が多めの人は
 

 
特に不織布の使い捨てマスク(薬局で店頭にあるマスク)
かぶれることがあるらしいですね。

 

この手のよくあるマスクって
見るからに素材が固そうで 糊がきいているのかパリッとしていませんか?
 

 
 

その糊にも敏感肌の人にとって
刺激の強い化学物質が使われていそうですし、(個人的な推測ですが)

 

 
何より 素材がゴワゴワ固いと 摩擦で痛くなりそうです。

 

 

 

私自身は アトピー体質のため
肌に触れるものに超敏感で 素材フェチなので
市販マスクは これは無理やなぁとはじめから 手を出しませんが、

 

 

やっぱり 市販で店頭に多く出回っているものは
これなら大丈夫と そんなに氣にせず購入すると思います。

 

 

 

また使い捨てタイプマスク
使い捨て(1回)を前提につくられているので
 

 
抗菌性のためetcで 強めの化学物質が使われているのかもしれません。

 
 

 

だったら 何度も洗って使える 

使い捨てじゃないマスクの方が肌に優しいのではないでしょうか。

 

 

素材も 市販にこだわらず

通販なら肌に優しい素材も手に入ります。

 

 

肌に優しい素材とは 例えば

オーガニックコットンや 絹シルク 竹布etcです。

 

 

 

やはりマスクでかぶれてしまうのは

口周りから頬にかけての目立つお顔の部分なので

特に慎重に選びたいものです。

 

 

 

なので マスクでの肌荒れを改善するには
 

 
マスクの素材を参考にして選べば良いと思います。

 

 

 

特にアトピーの方には 肌を保護する役割のある
絹シルクがいちばんお勧めです。

 

 

息の水分がこもらず 通気性が抜群で息苦しくならないです^^

 

 

お客様でアトピーの方からも

 
「マスクの素材を変えたらマスク使えるようになりました」
嬉しいご報告を頂いてます。

 

 

そうだ、アトピーの方にとって

マスクって別の便利な一面もありますよね(真逆の発想というか)
また書こうと思います。
 

 
 

マスク嫌いの私ですが →コチラ の天然素材のマスクはOKで愛用しています。

 

よければ 参考にしてください^^

 

 

 

  ↓●管理人そらの 裏の顔?プロフィールはコチラで→ マル秘 アトピー対策について  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 150101-38
  2. 140918-1
  3. 140926-7
  4. 140812-2
  5. 140918-8
  6. 140922-1
コメントは利用できません。
アトピー体質改善のため
砂糖断ちを 楽しく継続中♪





  無理なく続ける 砂糖断ち成功のコツ → コチラで  公開してます^^

応援クリックありがとうございます
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ

アーカイブ