アトピー対策 ヒートテックは かゆいから避けましょう

141002-3

アトピー対策ネットショップ通販のお客様からのメールに

 

 

「素肌に ヒートテックを着ていました」という
メッセージが書かれてました。

 

 

なんとまぁ(涙)

 

 

きっと ヒー トテック痒かっただろうなぁ と思いつつ

 

 

ヒートテック素材ということは、
同時に 冷えていて 寒かったのだろうと思います。

 

 

 

実は アトピーの方に 最も避けてほしい服の素材は
ヒートテックなのです。

 

 

ヒートテックは 吸湿発熱繊維と呼ばれる化学繊維 だったかな?

 

 

ヒートテックという名前じゃなくても
このような繊維が使われている衣類は

アトピーだけでなく 乾燥肌 敏感肌の方も避けた方が良いですよ。

 

 

 

実際 購入して トップス長袖インナーを着たことがありますが

 

 

その時は 私 アトピーの湿疹出ていませんでしたが

 

 

なんだか 肌に刺激を感じて こりゃ1日着てられないと すぐに脱ぎました(涙)

 

 

 

もちろん 温かさを継続させるための開発の方の意図は
素晴らしいものだと思うのですが

 

 

やはり 肌着が発熱するって 不自然なのです。

 

 

 

ヒートテック素材は

汗などの水分をきっかけに熱に変えて発熱させます。

 

 

そもそも 汗をかく時は

体内が熱くなって 汗を出すことで からだを冷却させたいからです。

 

 

 

素人考えですが

 

 

汗をかくことで からだの表面を冷やしたいのでは?と思うのですが、

 

 

その汗を使って

発熱作用で 温めるって逆効果にならないのでしょうか?

 

 

 

だとしたら、、、 からだは きっと 悲鳴をあげています。

 

 

 

肌着自体が発熱する際の アトピー肌への影響って?

 

 

そして 肌着本体が発熱するってことは、
肌表面の水分が 不自然に奪われ 乾燥します。

 

 

乾燥肌が促進されます(涙)

 

 

アトピーじゃなくても 肌の乾燥が進むと かゆくなりますよ。

 

 

もともと 敏感肌のアトピーの方なら、なおさらです。

 

 

 

からだに負担の大きいインナー下着を使わなくて済むように

冷えとり健康法で 体の中から冷えを改善したいものです。

 

 

 

ちなみに

 

アトピーの方に最適な下着 肌着 インナー素材は
 

 
→ コチラの素材です。

 

 

原材料の機能に着目すれば 理由は明らかですね^^

 

 

  ↓●管理人そらの 裏の顔?プロフィールはコチラで→ マル秘 アトピー対策について  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 140920-2
  2. 141004-32
  3. 150101-104
  4. 150101-4
  5. 141004-1
  6. 140922-1
アトピー体質改善のため
砂糖断ちを 楽しく継続中♪





  無理なく続ける 砂糖断ち成功のコツ → コチラで  公開してます^^

応援クリックありがとうございます
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ

アーカイブ