汗疱状湿疹 手のひらの治療は 手袋という方法も

150101-10

アトピー肌を応援する通販ネットショップでご縁頂くお客様は 

 

 

当然アトピーの方が多いのですが

 

 

アトピー以外でも 敏感肌 乾燥肌 にきび肌

肌が弱い、、などなど

 

アトピー以外の肌の病気の方もいらっしゃいます。

 

 

肌への出方が 違うだけで
お肌に悩みを抱えるという意味では同じですから
 

 
同士といいますか、お仲間さんですね。

 

 

 

それで アトピー対策を参考にして
うちのネット通販ページに来て頂いた

 

 

手のひらに汗疱状湿疹 が出ている息子さんの
お母様がいらっしゃいます。

 

 

 

息子さんは学生さんのため、

 

お母様のKさまより
繰り返し ご注文いただいております。
 

 

ありがとうございます^^

 

 

 

肌を保護して覆う 天然のシルク素材を上手に活用され

 

 

 

両手の平に出ていた
汗疱状湿疹が 少しずつきれいになってきているそうです!

 

 

 

嬉しいご報告メールの掲載の許可を頂きましたので
Kさん のお声を 掲載させて頂きます。

 

 

***************************************************

 

 

そらさま

 

 

Kです。
本日、注文の商品 届きました。

 

 

待ちに待っていた新しい手袋……

 

 

早速息子はメッシュの方をはめて
ゴキゲンでパソコンで遊んでおります。

 

 

 

とても薄いので涼しいそうです。

 

 

大変 喜んでいました。

 

 

穴あき手袋
縫って縫って使っております。

 

 

でも どれだけごしごし洗濯しても
優しい肌触りは変わりません。すごいです!

 

 

 

もう 元々の色の白色ではなくなってしまいましたが、
まだまだ頑張って洗って縫って使います。

 

 

 

おかげさまで

 

 

ぼろぼろだった両手の平、
少しずつきれいになってきています。

 

 

 

そらさまとの出会いに心より感謝致します。

 

 

本当にありがとうございました。

 

 

熊本県 TKさま

 

 

***************************************************

 

 

穴あき手袋というのは、

掻きすぎて、すぐに指先の穴が開いてしまって

 

 

繰り返し縫ううちに 指の部分が短くなってきて

穴が開いたままになっている という事です。

 

 

 

うちは このように アトピー部分を掻いたり 湿疹から
浸出液など汁が出たり

 

 

ハードに使われる前提のため、

 

 

縫製のしっかりした
丈夫な絹シルクのみ厳選しているのですが

 

 

 

それでも すぐに穴が開いたってことは
相当 痒いのでしょうね。。。

 

 

 

手湿疹や 手アトピーなど
手のひらの湿疹対策に便利な手袋は2種類あります。

 

 

 

網状の絹メッシュ素材のほうは 薄いので

 

 

パソコンのキーボードや タブレットやスマホ操作も
手袋したままで、できる!と喜んで頂いてます。

 

 

 

手のひらは 包帯を巻くと不便でしょうし、

 

 

手袋は、 包帯や薬の代用として 
 

 
汗疱状湿疹の治療としても活用できるんですね。

 

 

貴重な体験談のシェアを本当にありがとうございます。

 

 

私もお客様の使い方をお聞きして すごく勉強になっています。

 

同じ悩みの方の参考にしていただけると嬉しいです。

 

 

 

●Kさまの 手の汗疱状湿疹が楽になったアイテムは
コチラ

 

 

 

上記 レビューご感想に書かれているメッシュタイプの手袋は

既に 残りあと2色になってしまいました(涙)

 

 

 

メッシュ素材は珍しいので 減りが早いです。

 

 
継続して作っていただけるように 要望を出させてもらいますね!

 

 

  ↓●管理人そらの 裏の顔?プロフィールはコチラで→ マル秘 アトピー対策について  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 140923-5
  2. 150101-16
  3. 140923-2
  4. 141001-2
  5. 140918-9
  6. 140922-5
コメントは利用できません。
アトピー体質改善のため
砂糖断ちを 楽しく継続中♪





  無理なく続ける 砂糖断ち成功のコツ → コチラで  公開してます^^

応援クリックありがとうございます
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ

アーカイブ