乳首 アトピー 胸 の浸出液への対処グッズ 値上げ前のため 完売色 出てます

150101-48

梅雨時期~ 夏に向けて 汗をかき始める時期だからでしょうか?

 

 

アトピー肌を応援する通販のお客様からも
乳首アトピーや 汁 浸出液のお悩みを聞く機会が増えました。

 

 

私自身の体験や 他のアトピーの方の話を参考にさせてもらうと、

 
乳首アトピーを思春期に体験した場合、ぶり返しやすいです。

 

 

私の主観ですが

 

 

胸や乳首からの浸出液など 乳首アトピーは
女性ホルモンの影響を受けやすい場所のようです。

 

 

なので 思春期
生理前や 妊娠 授乳時、更年期に多く出やすいのかもしれません。

 

 

 

陰部アトピーも 病院 医者にかかりにくい場所ですが
この 胸アトピーもそうです。

 

 

しかも、痒いし 何より 痛いんです。

 

 

普段 ずっとブラジャーや下着に覆われていて
蒸れやすい場所なので 治るのに比較的時間がかかります。

 

 

それに 乳首アトピー掻いていたら、乳首が切れそうになって
(私は このまま乳首が取れたらどうしようと悩んだことがあります)

 

 

出血したり、浸出液がじわじわ出てきたり。

 

 

しかも この滲出液 かさぶた状にかたまると
ブラジャーや下着にくっつくんです(涙)

 

 

ブラを外す時に 一緒にブラにくっついてきて
かさぶたが バリっと剥がれて 痛すぎます(涙)

 

 

 

すぐ出来る 乳首滲出液などのアトピー対処法は?

 

 

 

陰部アトピーとも共通しているのですが

 

 

アトピー肌が回復していくプロセスでは

いかに ジュクジュク湿っている状態を乾かすか?

です。

 

 

乾いて かさぶたになって

瘡蓋の下で新しい肌が出来て
かさぶたが剥がれて だんだん汁が出なくなっていきます。

 

 

 

かさぶた→回復は 1度のかさぶたでは なかなかうまく行かず
何度も この工程を繰り返しながら 肌が回復します。

 

 

なので 1度の瘡蓋で 回復しなかったからといって
あきらめないでくださいね。

 

 

まずは じゅくじゅくしていたり じわじわ汁が出ている部分を
乾燥させることです。

 

 

 

乾燥させるための第一歩は
直接触れるものを通気性の良いものに変えることです。

 

 

乳首 胸アトピーなら ブラジャーなど下着の素材です。

 

 

この下着素材を 絹シルクに替えます。

 

 

綿は 通気性が悪いので 乾きにくいです。

 

 

雨を吸ったデニムの乾きが悪いのは
綿は吸った水分を繊維内に留める特徴があるからです。

 

 

なので いつまでもジクジク乾きません。

 

 

 

通気性の悪さを招く他の原因に「締め付け」があります。

 

 

乳首アトピーで言えば、例えばブラジャーですが、

 

 

サイズのあっていない 締め付けの強いブラをしていると
血流の悪さだけでなく 蒸れも誘発します。

 

 

 

 

なので 乳首 胸アトピーや滲出液対策に 下着を替えるなら

→ このようなタイプ がお勧めです。

 

 

 

 

↑今だったら 値上げ前の価格で手に入れる最後のチャンスなので
このブログでも告知しておきますね♪

 

 

リピーター様にも大人気の下着で、

 

 

「乳首 胸アトピー対策に もう手放せません」と
嬉しいご報告を何件も頂いています。

 

 

接触性皮膚炎の方や
ブラのアンダー部分が みみず腫れになりやすい方にもお役立ていただけるかと思います♪

 

  ↓●管理人そらの 裏の顔?プロフィールはコチラで→ マル秘 アトピー対策について  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 150101-152
  2. 150101-107
  3. 141003-8
  4. 140929-3
  5. 150101-155
  6. 140922-6
コメントは利用できません。
アトピー体質改善のため
砂糖断ちを 楽しく継続中♪





  無理なく続ける 砂糖断ち成功のコツ → コチラで  公開してます^^

応援クリックありがとうございます
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ

アーカイブ