痛い 乳首のただれ対策には?

140927-5

乳輪や乳首は、汗や かぶれ からはじまって

 

 

湿疹になって 掻いていたら

あっという間に ただれてしまうんですよね。。。

 

 

アトピーあったら このただれから
一氣に 浸出液の汁が出てきて かさぶたになったり(涙)

 

 

もともと 乳首のただれって
治るまで時間がかかりやすいのに

 

特に 胸やデコルテに汗をかいて 蒸れやすい
悪化しやすいし 治るまで時間がかかりやすくなります。

 

 

 

夏になると アトピー肌を応援する通販ネットショップでも
胸まわりのご相談が増えて

 

 
やはり 時期的にも
共通するお悩みがあるものなんだなぁと実感します。

 

 

乳首や乳輪のお悩みは 特に 思春期の
中高生や大学生など 若い方が多いように思います。

 

 

 

すぐに手軽にできる 乳首ただれ応急対策は?

 

 

 

ブラジャーに触れる部分をカバーするために

 

 

普段 付けているブラジャーの肌に触れるカップ部分に
 

 
ティッシュをはさむ
というのをネット口コミで見たことがあります。

 

 

 
この、ティッシュ
乳首から液が出ていたら くっつきやすくないですか?

 

 

くっついたら 剥がすときに痛いし
剥がすことで より悪化しませんか?

 

 

手持ちのブラのカップ部分に挟むなら
絹シルクが一番 肌にやさしいですよ。

 

 

シルクなら 表面がなめらかですし、

 

 
通気性も良いので 比較的 肌にくっつきにくく
デリケートな部分の痛みをやわらげてくれます。

 

 

 

シルク布なんて 家に無いって思いがちですが

 

 

古いシルクスカーフなどが

1枚位は タンスに眠っていると思うので
 

 
それを 適当に切って 使います。

 

 

 

乳首ただれ 応急処置的ではなく改善スピードUPしたい場合は?

 

 

 

私自身も 胸やデコルテ 乳首にアトピーやただれがあって
実際に体験したのですが

 

 

この ブラのカップ部分にシルク布をはさむ対策
応急処置のようなもの。

 

 

いっそのこと ブラジャーごと 締め付けない
シルク製のものに変えてから

 

 

胸部分全体の
通気性がよくなって 蒸れが改善したのもあり

 

 

格段に 乳首ただれの回復効果があがりました^^

 

 

今まで 何だったのだ~!
もっと早く知りたかったと思いましたね。

 

 

 

実際に シルクブラジャーを付けてみると

 

 

今まで一体 どれだけブラジャーの締め付けがきつくて 

からだに負担をかけていたのか、よくわかります。

 

 

 

久々に胸の奥まで息を吸い込めた感覚です^^

 

 

呼吸が浅いと免疫力が働きにくく アトピー改善しにくくなるって

言いますからね(汗)

 

 

 

●運営しているアトピー肌を応援する通販ネットショップで

 

 

特にこの夏の時期 ご新規のお客様からだけでなく
リピートのお客様からも ご注文が増えているのが

 

 

→ こちらの 絹シルクブラジャー です

 

 
ご参考くださいね♪

  ↓●管理人そらの 裏の顔?プロフィールはコチラで→ マル秘 アトピー対策について  
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 150101-44
  2. 150101-9
  3. 140927-9
  4. 150101-147
  5. 140924-1
  6. 150101-48
コメントは利用できません。
アトピー体質改善のため
砂糖断ちを 楽しく継続中♪





  無理なく続ける 砂糖断ち成功のコツ → コチラで  公開してます^^

応援クリックありがとうございます
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ

アーカイブ