ブラジャーでかぶれる時の対策は胸アトピー体験に学んだ

06.042016

全身アトピー激悪化で浸出液の汁まみれだった時
今までのごく普通のブラジャーが痒くて痛くて出来なくなりました。

 

 

このアトピーでブラが出来なくなって悩み抜いた体験をきっかけに

 

 
アトピーで同じように悩んでいる方向けに
2011年から アトピーの方専用通販をスタートしました。

 

 

通販をはじめると、
 

 
アトピーではなくても、接触性皮膚炎だったり 敏感肌で ブラジャーが痒い 痛い 

というお悩みを よく聞くようになりました。

 

 

 

多くの対策を試してきた 私自身のレポートだけでなく、

 

 

長い間 慢性的に アトピーで悩んできた方の対策や体験談が
参考になれば幸いです。

 

 

アトピーでブラジャーがかゆい時に効果を感じた対策

 

 

 

アトピーでブラジャーが痒かろうが 痛かろうが、

自宅だと何とかなっても 仕事や外出時には どうしても必要なブラジャー。

 

 

なので 色々と対策を試し続けました。

 

 

まず前提として、

アトピーの場合、ブラかぶれや接触性皮膚炎に対して以下の問題があります。

 

 

 

胸アトピーの(ブラジャーの)症状は、

 

 

だいたい 浸出液の汁がとまらない&皮むけ&かさぶた剥がれを伴う
グチュグチュの乳首アトピーが出やすいです。

 

 

 

乳首アトピーが出ていない場合だと 胸周りのアトピーの場合は、
 

 

デコルテ アンダーバスト(汗疹も併発)
あと 脇周りが ジュクジュクしたり 乾燥して赤みが出てただれる、、という感じです。

 

 

 

人によっては そこから背中アトピーも出ます。

 

 

そのため ブラそのものの擦れだけでなく、
締め付け(特にアンダー)もしんどくなってきます。

 

 

それにブラ紐のアジャスターや生地もずれたり擦れたりでかゆいです。

 

 

 

こんな感じで ブラジャーかぶれといっても
アトピーの状態や出ている部分によって 人それぞれ変わってきます。

 

 

 

で、だいたい乳首や胸アトピーで かぶれやすい場合、
 

 
個人的な感覚では
食べ物対策で割とはやい内に効果が上がりやすいのですが、

 

 

そこを話しはじめると 長くなりすぎるので、、

 

 

まずは、簡単にすぐに出来る ブラジャーかぶれの物理的な対策
まとめて話していきますね。

 

 

 

 

ブラかゆみ対策といっても 対策っていうほど大げさなものじゃなくて
本当に簡単です。

 

 

大原則として 素肌の上に直接ブラジャー着用をやめる
これだけです。

 

 

 

キャミソールや タンクトップなどの肌着を活用しましょう ってコト。

 

 

素肌の上に直接ブラジャーをつけようとしているケースが割とあります。

 

 

 

今まで ずっとそうやってきたから仕方のないことなんですよね。

 

 

 

だけど
かぶれて みみず腫れになったり 汗疹が出たり 痒みが出るんだったら
肌に直接触れる部分での対策が最優先。

 

 

 

ということは、アトピーはどうかはさておき、

 

 

ブラジャーが痒い プラス インナーを活用するって事は、
 

 
直接肌に触れる 順番を変えれば良いってコトになります。

 

 

 

はい、そうです。

 

 

ブラかぶれの 物理的な簡単対策とは、
キャミソールや タンクトップの上からブラを着用する です。

 

 

または フレンチ袖や半袖 季節によっては長袖肌着の上から
ブラを着用です。

 

 

 

アトピーあるあるの為、
アトピーの方は 知ってるよ!という話かもしれませんが、

 

 
この対策でも、 汁がくっつく、汗あれるぎーで痒いという場合、
さらに快適度アップにつながる対策を話していきますので、

 

 
良ければ お付き合いください^^

 

 

 

で。この キャミ(タンク)の上からブラジャー対策。

 

 

中高生の学生さんや ロッカーなどで人前で制服に着替える会社員の方は

ちょっと格好悪いなぁと思いますよね。

 

 

なんというか、、、見た感じちょっと、、、ですし。

 

 

まぁ 見た目うんぬんよりも、痒み対策 健康重視なので
私の場合は ケロッとしてましたが(笑)

 

 

見た目が気になる時は、

 

 

キャミソールやタンクトップとブラジャーのカップが一体型になっている
ブラトップ ブラキャミ でサクッと解決出来ます。

 

 

 

肌が痒くなりにくい綿やシルク または天然素材の混紡のものを探すと良いです。

 

 

ちなみに 化繊の エアリズムや ヒートテックなどの機能性下着素材は
かゆくなりやすいのでご注意を。

 

 

 

 

さらに 胸や乳首アトピーが 汁でグチュグチュになっていたり
動かすのもちょっとしんどい、、、と 悩みが深い場合、

 

 

縫い目やタグも肌を刺激して かゆくなる場合、

 

 

タンクトップや ブラトップを裏返しにして、

肌に縫い目が当たらないようにして活用します。

 

 

 

コットンのブラジャーではアトピーが痒い時も

 

 

 

アトピー歴が長い方には
もうとっくの昔に試してます、それでも まだ痒いというときには

 

 

肌着の素材を見直す対策も有効かもしれません。

 

 

私も綿100素材から変えて
痒みも精神的ストレスもずいぶん緩和しました。

 

 

 

痒くならないブラジャー対策のヒントとして、

 

 

アトピーで 脱ステロイド体験をされた アトピーのお客様 A様の体験レポートが
参考になりそうなので 掲載致します。

 

 

 

 

そら様

先日注文しましたAです。
 

 
ステロイドをやめて1年と1ヵ月ほど。

 

 

顔や身体は落ち着きましたがまだ少し首に跡があるのと、

ブラはつけないわけにいかないので、

 

 

締め付けの部分(アンダーバスト)や
肩ヒモが当たるところ、脇の下のあたりが色素沈着し、

 

 

かゆみもあって悩んでおりました。

 

 

 

オーガニックコットンのブラでも
完全に痒くないというわけではないので・・・

 

 

シルクはコットンより暑くないというか、
より優しい気がします。

 

 

 

 

まだキャミソールを1度つけたのみですが、
大事に使って元の肌に戻せたらと思っております。

 

 

また洗い替えを御注文することがあるかもしれませんので、
そのときはどうぞよろしくお願いいたします。

 

 

千葉県 AY様

 

 

 

A様 ご報告メールをありがとうございます。

 

 

コットンからシルクへ肌着の素材を変えて1度使っただけで
違いを感じられるのは、やはり肌の感覚が繊細なのだと思います。

 

 

アトピー体験されていると こういう繊細な違いが無意識でわかってしまう
という方が やはり多いのです。

 

 

オーガニックコットンは とてもやわらかい傾向があって
肌触りがソフトです。

 

 

これは 色んな素材を比べてみないとわからない事ですが、

 

 

汗が出やすい梅雨から夏ほど 着用した時の暑さ(熱さ)
あなどれないのです。

 

 

 

暑いと汗で蒸れて、より かゆみを誘発するからです。

 

 

 

特に みぞおちより上にアトピーが出やすく

赤みも出るアトピータイプの方は

 

 

熱がそこにたまり、こもっているため、ほてりや熱感が人一倍強いです。

 

 

 

また、脱ステしたことがあると 自律神経の働きが本調子ではなく、
体温調整が上手くいかず、暑がりの寒がり、という状態になりやすいです。

 

 

 

そのため、汗をかきやすい時期は

 

 

より熱さ 着ていて暑く感じるかどうか?
注意して 肌着を選ぶと 対策効果が上がりやすいですよ!

 

 

 

ブラかぶれだけでなく、胸アトピーなどで
胸周りが暑くてほてる、、という時は、

 

 

暑さ対策に効果の高い、素材の通気性や 素材の薄さ ひんやり感にも
注意を向けてみると、楽に過ごせそうです。

 

 

 

ブラ かぶれのかゆくならない素材対策まとめ

 

 

 

A様のアトピー体験や 私自身の体験を振り返っても、

 

 

やはり肌に直接触れる肌着対策で素材を追究してみるのが
1番楽で簡単な対策だと感じます。

 

 

エアリズムなどの機能性素材以外の天然素材で あれこれ探すのが面倒、
時間も無い、という場合は、

 

 

シルクや シルクと綿の混紡の肌着がおすすめです。

 

 

ものすごく汗かきで暑がり、ほてりやすい私は、
絹100%じゃないと 無理で耐えられません(笑)

 

 

暑がりすぎて、通気性を最重視しています。

 

 

 

※ コットンよりシルクのほうが通気性がよく
ジュクジュク系のアトピー部分が乾燥して回復につながりやすくなります。

 

 

シルクだと表面が滑らかで滑りが良いので 変な摩擦がなくて
ノーストレスです。

 

 

快適すぎて抜け出せません(笑)

 

 

 

 

また アトピーのお客様からも、

 

 

特に暑がりで汗が多い、汗ですぐに痒くなる!というアトピータイプの方は
シルクで楽になったという お話をよく伺います。

 

 

 

 

個人差があるため、肌にシルクが合えば、、に限りますが。。。

 

 

 

コットンや他の素材で シルクを試したことがないという場合、

 

 

シルクを最初の素材候補にすると

比較的 失敗は少ないかと思います。

 

 

ただ、シルクアレルギーの場合は残念ながら難しいかと。

 

 

 

自分の今の肌の調子に合う下着。

 

 

 

暑くて汗でかゆみが増える夏だけでも、
綿よりも 通気性の良いシルクを探してみるのもありですね!

 

 

 

ブラかぶれやアトピー対策に

 

 

アトピーでコットン活用してるけど もの足りない場合にも、
よければ ご参考に。

 

 

A様やリピーター様にご好評頂いている 
 

 
アトピーの方専用のシルク肌着は → コチラから 見れます。

 

 

↑弊社通販の シルク100%肌着で、もちろん私も愛用中です!

 

 

関連記事

アトピー体質改善のため
砂糖断ちを 楽しく継続中♪





  無理なく続ける 砂糖断ち成功のコツ → コチラで  公開してます^^

応援クリックありがとうございます
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ

カテゴリー

アーカイブ