アトピーずぼらケアブログ

アトピー対策のための酵素ドリンク【商品 到着編】酵素の味チェック!

  • 最終更新日:

アトピー対策酵素ドリンク
優光泉酵素の味見 飲み比べレポート

優光泉酵素が届いて 同封物チェックをしてから
まずは、いちばん気になる味のチェックです。

梅味 スタンダード味と 2種類のセットなので
飲み比べの楽しみもありますね。

まずは梅味の味見です。

飲みやすい 美味しいと 口コミで何度も見ましたが
酵素飲料のため 発酵臭の匂いが独特だったり
飲みにくいのでは?と予想してましたが、、

どこか懐かしい 飲んだことのあるような
後味すっきりした 少し酸味のある梅の爽やかな香りと
甘味で美味しくて嬉しくなりました。

続けることに不安があったのですが
こんなに美味しいなら続けられそうです。

続いてスタンダード味の味見。

うーん、こちらは はじめて飲んだ時
梅味に比べると飲みにくさを感じましたね。

不味い、、というよりも
発酵臭の匂いが 梅味よりもストレートにきます。

天然の甘味で、まずくはないのですが、
後味に 独特の匂いが残る感じ。

らっきょうの汁を甘くしてソフトにしたような味。

今思えば、慣れの問題で
飲み続けていたら 苦手さもなくなり
この 独特の匂いあってこその
スタンダード味と思っています。

スタンダード味は
じわじわ クセになっていく美味しさです。

やはり、酵素ドリンクが初めてならば、
梅味の方が 酵素独特の匂いが少ないので
慣れ親しんだ味に近く 飲みやすいのでは と思います。

どちらも甘みがあるのですが
「野菜そのものの甘み」で後味が良く
舌を刺すような刺激は一切残らず マイルドです。

「優光泉酵素」は完全無添加で野菜ベースの酵素飲料ですから、
もちろん発酵臭はあります。

梅味はスタンダードよりも甘味が抑えてあり
梅の爽やかな香りとともに味の方もすっきりと仕上がっています。

甘いのが苦手だったり、発酵臭が苦手なら
炭酸割りにしたら飲みやすそうです。

スポンサーリンク

あわせて読みたい

  1. アトピーレポート 酵素ジュースを飲む前 アトピーのパターン編

    2014/04/15

    もう今度こそ 身体の中から 体質改善してアトピーと向き合おう。この先 数十年先の未来のために身体の土台から立て直そう。血液から綺麗にしよう。生活習慣ごと変えよう。こんな風に強く思いました。この2014年、アトピー症状...

  2. アトピー対策のための酵素ドリンク【商品 到着編】同封物チェック!

    2014/04/13

    アトピー対策のための酵素ドリンクが到着2月10日に商品が到着しました。優光泉酵素の梅味 スタンダード味のハーフボトル2本セット を一番お得な定期購入で注文しました。なぜこの 優光泉酵素に決めたのか?はアトピーの私が優光泉...

  3. 2014年4月上旬~中旬 優光泉酵素を飲み始めて9週間後のアトピーの肌の状態 優...

    2014/05/06

    からの続きです。ひきつづき痒みの質が少し変わってきました。アトピーの内側からの痒みというより肌の乾燥が 気になってついつい触ってそこから痒さに火が付き じゃんじゃん掻くという流れ。掻きグセがあります。アトピーの...

  4. 2014年2月下旬~3月頭 優光泉酵素を飲み始めて3週間位のアトピーの肌の状態 ...

    2014/04/23

    2014年2月中旬~下旬 優光泉酵素を飲み始めて2週間位のアトピーの肌の状態 優光泉酵素ドリンク 口コミレポートからの続きです。アトピーの症状の変化は 日替わりでその分だけ代謝がアップしているように思います。日中の浸出液の...

  5. 2014年4月下旬 優光泉酵素を飲み始めて11週間後のアトピーの肌の状態 優光泉...

    2014/05/07

    からの続きです。前週は全体的に肌は乾燥していますが滲出液→ かさぶた → ウロコ→落屑(粉がパラパラ落ちる)と経過してきて 落屑と 超乾燥が混じっている感じでしたがだんだん 落屑(肌が乾燥して粉上になってパラパラ落ち...

  6. アトピーレポート 酵素ジュースを飲む直前編 断食の救世主 酵素編

    2014/04/15

    アトピーレポート 酵素ジュースを飲む直前編 過去に効果的だった断食は嫌だ編からの続きです。アトピーの根本的な体質改善には断食が効果的と 過去の体験で実感しながらも食べることが大好きなヘタレな私は断食の味気無さ ストイックさ...

運営者情報

そら@アトピー用シルク肌着で 着るだけ楽ちんケア! 大人通販 絹騎士

https://deto11.com/page-55.html

カテゴリー

すべての投稿

RETURN TOP