アトピー用肌着 レディースで夏の悪化 対策におすすめは?

06.222018

 

 

アトピーの方専用の肌着通販の店長を2011年から運営しています。
 

 
2009年に浸出液が止まらない全身アトピーの悪化きっかけに、
全ての生活習慣を見直しました。

 

 

 

私にとって食事制限よりずっと続けやすく

 

 

無理なく楽に 身体が気持ちいいから、

 

 

自然と勝手に続けてる肌着からのアトピー対策^^

 

 

 

食事制限に比べて我慢せずにすむ
肌着の着るだけアトピー対策は、

 

 
ストレスと無縁で アトピーに時間も労力もかけたくない
ずぼらな私にピッタリです。

 

 

 

あまりにも快適なので、アトピーから回復した今も
すっかり当たり前の生活の一部になっています。

 

 

さて、夏にアトピー悪化というのは、アトピーあるある、だったりします。

 

 

まず 汗がアトピーのかゆみを招きやすいというのは、
想像しやすいですよね。

 

 

さらに 紫外線もきついですし、しんどい湿気、
 

 
蒸し暑くて寝苦しく 睡眠不足で体力が落ち、

 

 
アトピー肌の回復にまでエネルギーがまわりにくい夏の時期。

 

 

 

このような夏疲れの悪循環をできるだけ回避し、

 

 

アトピーへの「肌着対策」で 少しでも楽に ズボラに(笑)
夏を乗りこえる方法を話していきますね。

 

 

 

あ、実はですね。

 

 

ブログタイトルに
「アトピーのの悪化対策の肌着のおすすめ」とありますが、

 

 

 

アトピー対策の肌着選びで失敗しないために
これだけは押さえておきたいポイントの話中心です。

 

 

浸出液の汁やかさぶた、ウロコ肌、
乾燥肌、熱感 ほてり 熱こもりなど
 

 
アトピーならではのお悩みに焦点を当てた
 

 
肌着の選び方の基本的な解説のため、

 

 

「夏以外」の他の季節にも通用する内容です。

 

 

 

※今回のブログ内容は、
 

 
アトピー肌着通販のお客様専用メルマガの内容を
一部リライトし掲載しています。

 

 

私のアトピーの個人的なエピソードだけでなく、

 

 

アトピーのお客様から伺った体験談も盛り込んだブログ内容ですので、

参考頂けたらと思います。

 

 

 

※アトピー肌着通販ご利用のお客様で、

 

 
お客様専用メルマガが届いていなかったり
解除されたけど、またメルマガ読みたいという方は、

 

 

メールにてご連絡頂ければ 個別でメルマガ登録致しますので
遠慮なくおっしゃってくださいね^^

 

 

 

アトピー 肌着 レディースの悩みあるある

 

 

アトピー 肌着 レディースあるあるのお悩みとして、
アトピーのお客様のメールで、、

 

 

アトピーさん
アトピーを悪化させない下着対策が必要かも?

 

 

 

と感じるタイミングは、

 

 

大抵 胸 乳首 バスト デコルテ 脇 肩 背中周りのアトピー悪化!

がきっかけのようです。

 

 

 

アトピー悪化しはじめると、

 

 

まずバスト周り、つまりブラジャーが触れる部分(またはその隣)
アトピーでしんどくなります。

 

 

 

今までのブラの摩擦が痛みやかゆみの原因になったり、

 

 

 

体調不良で息を深く吸えないように感じて、

 

 

締め付けがしんどく感じたり。

 

 

なので、アトピー肌着対策が必要!となった時、

 

 

直接的には「ブラジャーを何とかしなければ!」
と考えるのが一般的です。

 

 

 

あ、超長文になるため、

ブラジャーの話については また別のブログでまとめます。
 

 
どこかで まとめたかも?その場合はリンクを貼りますね。

 

 

それで、レディース、つまり女性肌着、
アトピーとブラジャー問題あるあるです。

 

 

 

アトピーさん
ブラジャーの下に何かしら肌着を着る必要性がある!

 

 

ってこと。

 

 

なぜなら アトピーで素肌に直接ブラジャーをつけるのが辛いから。

 

 

↓アトピー店長の私はこんな風に感じてました。

 

アトピー肌着ずぼら店長

○アトピー部分に触れる ブラ素材の硬さ 摩擦が痒い 痛い!

 

 

○アンダーバストの締め付けや ワイヤーが痛いしんどい(涙)

 

 

○肩紐のアジャスターのプラスチックや金具が気になる!

 

 

○ブラをつける事自体息苦しい しんどい(涙)

 

 

 

特に梅雨や夏、暑がりの方や
 

 
アトピーで赤みが出ていたり浸出液の汁が止まらない時期に多いのが、

 

 

○ブラジャーの蒸れ 通気性の悪さが不快 
○汗や汁で湿気ていて熱い ほてる 匂いも気になる
 

 
というパターン。

 

 

なので、肌に直接ブラジャーを着用するのではなく、
上記対策のために、

 

 

肌着を先に着て、肌着の上からブラを付けた方がよい、

と考えるようになります。

 

 

 

※ちなみに
ブラジャーそのものをアトピー対策用に替える方法もありますが、

 

 

そこは、またの機会に譲り、

このブログ記事では、ブラの下に着る肌着に絞ってお話しますね。

 

 

 

では 効率的なアトピー対策に的をしぼって、

 

 

このブラジャーの下に着るレディース下着はどんなものが良いのかというと?

 

 

アトピー 夏の悪化 対策これだけは知っておきたい!

 

 

 

アトピー 肌着対策バージョンで、最優先したいのは、、、
ずばり通気性!

 

 

浸出液の汁や汗で蒸れてしんどい夏や梅雨こそ、まず通気性を確保です。

 

 

 

 

これだけで、身体の疲れ具合が変わります。

 

 

肌って呼吸してるんだ!と実感します^^

 

 

それで、
アトピー体質で 汗かきで 超暑がり(そして寒がり)の私が

 

 

数十パターン肌着を取り寄せて、

 

 

自分のアトピー肌を通して人体実験を繰り返し

 

 

1番良かったのが やはり シルク素材でした。

 

 

このアトピー肌着ブログをずっと読まれている読者さまは
聞き飽きた話かもしれません(汗)

 

 

 

アトピー肌着と言えば、
 

 
綿100% それもオーガニックコットンを想像するのが一般的かと思いますが、

 

 

綿とシルクは機能の理論面だけでなく、
体感が全然違います。

 

 

 

 

アトピーのお客様からも
「もう 綿100には戻れません」というお声が多いのです。

 

 

 

まぁ、だからこそ、
 

 
運営中の アトピーのかた向け肌着ネットショップを通して、

シルク肌着をおすすめしているワケなのですが。

 

 

(一部 シルクコットン 綿混紡も提案させてもらっています)

 

 

 

ここを話すと またもや、長くなるので、

●アトピーインナーに最適素材の シルクと綿の比較については、

 

 

 

ちょうど レディース必須の

アトピー対策のブラジャーのブログ記事を書いたので、チェックしてみてください。

 

 

→ 綿ブラジャーでアトピーが改善しない盲点?(関連ブログ)

 

 

 

話を戻し、夏シルクの話でしたね^^

 

 

暑がりで寒がりの私、個人的には、
夏こそシルクと思ってます。

 

 

 

夏涼しく 冬あたたかい!

 

 

季節に応じて自動調整され(さすが繭の糸)
 

 
1年中愛用できるのがシルクの良さなので、365日 愛用しています^^

 

 

 

そんな私が
 

 
「もし 夏か冬 どちらかをシルク断ちしなさい!」
と究極の選択を迫られたら?

 

 

即決で、冬にシルクを辞めます。

 

 

つらいけど 冬は他の天然繊維を重ね着したら まだ耐えられる。

 

 

ですが 夏は脱げない!

 

 

日本の夏は湿気むんむんで暑い!

 

 

シルクの涼しさ 風通しの良さを知ってしまったら綿には戻れない!

 

 

つまり これ以上脱げないという
夏の蒸し暑さのほうが苦手なのです。

 

 

夏って 年々過酷になっていますからねー。

 

 

しかも住んでいる大阪の夏は すごく厳しい(涙)

 

 

 

アトピーの夏ならではのひどい辛さ(涙)

 

 

 

わかりやすいのは 例えば、、

 

 

●アトピー夏ならではの辛さ(涙)一例  

○汗かぶれ。汗で痒みが強くなる。汗疹も出る。

 

 

○蚊など虫刺されをきっかけに 肌トラブル出る。

 

 

○暑いときの掻き傷は治りが遅い。膿みやすい。

 

 

○きつい紫外線で さらに肌トラブルが悪化する。

 

 

○夏バテや 冷たいもの食べすぎて体力落ちる。

 

 

○生活リズムが崩れやすく 暑くて熟睡できず、常に睡眠不足で日中ねむい。だるい。疲れが取れないetc

 

 

 

このような中、
「シルク肌着活用で ズボラに(笑) 少しでもアトピー疲れを軽減するには?」

 

 

を考えてみました。

 

 

 

アトピー用肌着のおすすめ使い分け方法

 

 

アトピー持ちの私自身が あれこれ人体実験の失敗を繰り返す中で、
発見した方法だけでなく、

 

 

○タンクトップ
○フレンチ袖、
○半袖シルク下着

 

 

をご購入のアトピーのお客様にインタビューさせてもらいつつ、
まとめました。

 

 

 

別の言い方でざっくり言うと、今回のお話は、

「夏アトピーの不快を乗り越えるシルク肌着の使い分け術」です。

 

 

今回は主にトップス(上半身)の肌着シリーズについて。

 

 

 

 

そして 上に書いたように
「使い分け」 あるいは ミックス が重要ポイントです。

 

 

 

 

何をどう使い分けるのか?

 

 

●この使い分けとは以下のトップス下着パターンの事。

○袖なし(タンクトップやキャミソール)

○袖あり(フレンチ袖や半袖 または長袖)

○袖なし + 袖ありのミックス(真夏は少ないパターン 冬あたたかい^^)

 

 

 

アトピー肌着 袖あり(フレンチ袖 半袖 長袖)おすすめケースと特徴

 

 

 

アトピー浸出液の汁 汗シミ 汚れ 対策に便利

 

 

特に脇周りの汗や 
掻き傷に伴う汁や血や汚れが
 

 
服に直接つかないようにしたい時に。

 

 

肌着で肩まわり脇下を覆うことで
シルクが包帯やガーゼの役割をします。

 

 

また汁や汚れだけでなく、
 

 
脇汗の汗うつりが気になる時、汗染みが気になる場合に。

 

 

シルクは放湿性が 綿より高いため、

 

 

吸収した水分を空気中にすぐに放ち、
 

 
不快な蒸れを防ぎ、肌表面をサラサラに保ちます。

 

 

脇周りの汁や汗をカバーし、
受け止める肌着を活用することで、

 

 

上に着る服のいたみを軽減でき、
 

 
結果的に、服を長持ちさせることが出来ます。

 

 

洗濯回数も減らす事ができそうです。

 

 

 

特に 頻繁に洗濯しにくい

 

 

クリーニングの必要な服やジャケット、

 

 

ふだん あまり着用しない和装の着物や浴衣の下着は
 

 
袖ありのフレンチ袖 半袖 長袖をおすすめします。

 

 

 

 

アトピーのデコルテ 肩 二の腕をカバー出来て 隠せる

 

 

アトピー肌だけでなく、

 

 

二の腕周りの肉肉しい感じをカバーでき(私のことです 汗)
 

 
着痩せ効果を狙えます。

 

 

また脇下の開きが大きいワンピースのインナーにも便利ですね。

 

 

 

袖がある為 脇周りはタンクやキャミほどの開放感は無く 暑い

 

 

シルク素材の特性上 熱や汁 汗の発散力は高めですが、

 

 

上に半袖や長袖の服を着ると、

 

 

暑い時期は 脇周り 二の腕周りが

インナー + 半袖服というように

 

 

二重に重なる事になるので、暑がりの方にはキツイかも?

 

 

 

 

ただ、
この肩 脇まわりを覆う特性を逆手にとれば、

 

 

冷えから守ることが出来て、

 

 

オフィスなど冷房ききすぎている場に長時間いる時など
冷房病対策にも使えます。

 

 

 

肩周りが冷えると 体調不良につながりやすいという方は、
 

 
フレンチや半袖などの袖ありタイプが良いかと思います。

 

 

 

アトピー肌着 袖なし(タンクトップ キャミソール)おすすめケースと特徴

 

 

脇下が開いていて 開放感が良い(涼しい)

 

 

年中使える蒸れ体温 暑さ寒さ調整しやすい便利グッズ

 

 

長袖や半袖を上から重ねることが出来、オールシーズン年中着回し出来る。

 

 

 

 

※寒がりで暑がりの私は、

秋冬は タンクトップの上から インナーの長袖 または半袖を重ねています。

 

 

暑い夏は 家ではタンクトップ1枚(笑)

 

 

(前が開きすぎてなく濃い色の下着っぽくない感覚のもの)

または カップ付きタンクです。

 

 

袖付きさえ 暑いと感じるので(汗)

 

 

 

 

袖ありに比べて安価

 

 

お値段が比較的 お手頃なので シルク肌着デビューしやすいのです。

 

 

 

残念ながら まれに シルクアレルギーの場合もあるので、

 

 

はじめてのシルク肌着デビューは、

シルクの質と縫製が 比較的良いもので、

 

 

面積が少ない肌着で(例 タンクトップ)
パッチテストとしてお試しされるのが良いですよ。

 

 

 

袖があるタイプの フレンチや半袖 長袖は
お値段が上がるので、

 

 

はじめてシルクをお試しして合わなかったら?を考えると
もったいないですね。

 

 

その点 安価なタンクトップは、
気兼ねなく じゃんじゃん愛用して 洗濯もネットに入れて弱で回しています。

 

 

 

シルクを試してみようと思った時に 
気楽に入って気楽に毎日使える良さがありますね。

 

 

 

 

※ちなみに キャミソールは 肩紐のアジャスターの摩擦が
刺激になり かゆみを誘発する事があるため、

 

 

アトピーや接触性皮膚炎の方は、

出来るだけ 肩紐がキャミソールより幅のあるタンクトップ型をおすすめします。

 

 

ですが
キャミソールの方が女性らしい華奢でかわいい印象ですよね。

 

 

この辺は好みになってきますので、
あれこれ言いませんが(←おせっかいなので言いたくなります 汗)

 

 

 

キャミソールを選ばれるなら 
肩紐にアジャスターのないタイプをおすすめします。

 

 

 

実際に アトピーのお客様は、
キャミソールとタンクトップでは7割くらいがタンクを選ばれています。

 

 

 

アトピー肌着店長の私はどんな使い分けをしているのか?

 

 

 

暑がりで寒がりという メンドクサイ私の場合。。。

 

 

出かけ先の場所、時間 状況をイメージして使い分けしています。

 

 

 

 

出先は、冷房ガンガンきいていて その場にいるのは○時間位で、、と
そこから逆算して決めています。

 

 

冷房による冷えに本当に弱いのです。
みるみる肌は乾燥し、元気を失います。

 

 

 

冷房の強そうな場所用には、
袖ありのトップスインナーを着ていくだけでなく、

 

 
マスクしたり、ネックカバーやスカーフ
腹巻き、カーディガンなど、シルクアイテムでガードします。

 

 

そもそも 身体が不快なのは耐えられない方なので、

 

 

夏に限らず一年中いつでも、
環境によって柔軟に対応できる服装です。

 

 

着心地が良く 脱ぎ着しやすいファッションが好きです。

 

 

 

まとめ アトピー用肌着 レディースの夏悪化対策におすすめ

 

 

アトピー肌着の使い分けヒントの見極めポイントは、

 

 

○肩 二の腕 脇 など
 

 
○肌着の触れる部分にアトピーや湿疹が出ているか?
 

 
また 上記の部分のアトピー肌の状態

 

で判断すれば良いと思います。

 

 

特に掻き傷があったり 
 

 
浸出液の汁が止まらない状態であれば、

 

 

なるべく その部分を覆うタイプの肌着着用をおすすめします。

 

 

 

ただ 袖ありデザインはお値段が上がるので、

 

 

シルク肌着がはじめてでアトピー肌に合うのかどうか?不安などで

 

 

慎重に選びたい場合は、

タンクトップが取り入れやすいと思います。

 

 

 

 

●色々語りましたが、

アトピー症状がさまざま混じっていて分からない!という時は、
 

 
不快レベルで選ばれると良いですよ。
 

 
1番何が苦手で耐えられないのか? ←かなり個人差がある部分かと。

例えば、

 

 

○蒸れ
○冷え
○浸出液と肌着がはりつくこと
○ほてり 熱感
○脇に汗染みが出来ること
○隠れるかどうか

 

 

↑まぁ、どれも不快なんですけどね(汗)

 

 

 

あとは、その1番不快でたまらないことを最優先して
適切に対策できるものを選べば、かなりストレスが減らせると思います。

 

 

 

私の場合は、
 

 
○脇に汗染みが出来ること
○隠れるかどうか

 

 

↑これは あまり気にならない方です。

 

 

私ならば、

人の視線から隠せるか?よりも、
 

 
アトピー部分の肌が露出していたら日差しが痛いからカバーしようとするでしょう。

 

 

人の視線から隠すためというより
現実的に カバー(覆う)ために使う感じですね。

 

 

 

また、脇汗について
「夏やし 汗が出るのは しゃーないわ(仕方ない)」と思ってます 笑

 

 

 

なので 他人さまの脇汗染みも ほとんど気になりません。

 

 

季節外れの 大量&広範囲の汗染みだったら、
体調悪いのかも?と 気になるのかもしれませんが。。。

 

 

 

アトピー用シルク 肌着 お客様体験談レポートと後日談

 

 
今回 アトピーのお客様A様からのご相談きっかけに
 

 
夏をのり超えるのに一押しおすすめのシルクインナーを提案致しました。

 

 

アトピーのかた向け肌着 タンクトップご注文時のお声

 

 

 

 

アトピーのお客様A様

そら様

遅い時間帯に連絡失礼します。

 

 

今日ポストを覗いたら届いていました、ありがとうございます。

 

 

開けてみるとツルツルでなんと軽い!シルクで感動しました(o^^o)

早速着て寝ます^ ^
 

 
兵庫県 ANさま

 

 

 

 

後日談 追加で同じシルク肌着の半袖 長袖をご注文時の使用体験談レポート

 

 

 

※アトピー 脇 腕の浸出液にお悩みと伺ったので、
シルクタンクトップでのお試しの後に、半袖や長袖を提案致しました。

 

 

 

アトピーのお客様A様

そら様
 

昨日の夜、トップス2着届いていました。ありがとうございます。

 

 

早速着て寝てみたら、全然蒸れていない!!

 

 

脇がびしゃびしゃで
 

 
落屑とともに痒くて眠れなかったのに快眠でした。

 

そら様様です。

 

 
兵庫県 ANさま

 

 

 

A様 いつも、こまめに
メッセージをくださり、ありがとうございます^^

 

 

 

梅雨から夏はただでさえ 蒸し暑くて寝苦しいので、、、
 

 
疲れ対策に 睡眠はとっても大事ですよね。

 

 

 

個人的に 不眠が解消されはじめてから、肌の回復が進んだので、

 

 

睡眠対策は最優先してほしいと願っています。

 

 

 

 

なので、

 

>脇がびしゃびしゃで
 

 
>落屑とともに痒くて眠れなかったのに快眠でした。

 

 

 

とA様から 伺って 少しホッとしました。

 

 

 

A様からのメールを読ませてもらっているだけで、
あの皮が一枚無いような脇まわりのヒリヒリ、、

 

 

私も体験したので、あの熱い痛みを思い出しました。

 

 

 

毎日のお風呂も辛いだろう中、半身浴されていたり

 

 

本当にがんばり続けていらっしゃるA様ですので、

 

 

少しでも シルク肌着でお肌もからだもこころもゆるむ
リラックスタイムをお届けできたら、、、と願っています。

 

 

 

暑がりの私も、
夏は絶対にこのシルク素材じゃないとダメだわ!と愛用しています。

 

 

薄手シルクでやわらかく
筒になっており両脇下に縫い目がありません。

 

 

そのため大変伸びがよく(両脇下で伸びのブロックがかからない)

着心地が楽ちんで おすすめです。

 

 

 

アトピーあると、
より夏の蒸し暑さがこたえますよね。。。

 

 

シルクを活用して無理なくお過ごしください。

 

 

汗や蒸れで痒みが増して、
アトピー悪化されるケースが多いようですね。

 

 

少しでもアトピーの負担の軽減に役立つことが出来たら嬉しいです。

 

 

 

アトピー肌着 店長からのおすすめシルクは?お客様使用体験談より

 

 

A様のアトピーで寝れない!の緩和につながった 
実際にご愛用頂いているシルク肌着お買い物リストです。

 

 

↓アトピーのかたにおすすめのシルク肌着(特に夏におすすめ)

 

 

→ ●タンクトップ(クリック) 

 

 

→ ●半袖(クリック) 

 

 

→ ●フレンチ袖(クリック) 期間限定お得価格!(期間終了でリンク切れていたら、ごめんなさい)

 

 

→ ●長袖(クリック) 期間限定お得価格!(期間終了でリンク切れていたら、ごめんなさい)

 

 

 

関連記事

アトピー体質改善のため
砂糖断ちを 楽しく継続中♪





  無理なく続ける 砂糖断ち成功のコツ → コチラで  公開してます^^

応援クリックありがとうございます
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ

カテゴリー

アーカイブ