アトピーの寒気に 冬インナー対策で 楽に簡単に悪化を防げた体験レポ

10.132018

アトピー用肌着のお客様に学ぶ!
うまくいくアトピー抜け出し法則

のテーマで、

 

 

自分のアトピー克服体験と、
アトピーのお客様の生の声からの学びを通して、

 

 

アトピー用の着るだけ楽ちん下着を販売しています。

 

 

 

今回ブログでは、

アトピーで寒気がひどくて寒い時は、どんな時が多かったか?

という傾向と対策。

 

 

アトピー歴30年の私の体験談だけでなく、

 

 
アトピーのお客様の
口コミレポートからの学びを書きます。

 

 

 

アトピーで寒気がひどいのはこんな時!体験談

 

 

アトピーから回復した今だからこそ
よくわかるのですが、、、

 

 

アトピーが本当にしんどくて
 

 
もはや アトピーだけでなく、身体全体がだるい しんどい時は

寒気がすごかったです。

 

 

 

気温が高い夏でさえ寒かったです。

 

 

 

エアコンの冷房で冷えて寒いというよりも、
身体の内側から、体の芯から底冷えするような寒さなんです。

 

 

 

 

つまり、外の空気の影響じゃなくて、

 

 

完全に原因が内側にあるようで、

夏でもダウンを着たい、、みたいな寒さでした。

 

 

今、思えば、

 

 

体温調整をする自律神経が
ちゃんと機能してなかったんだろうなぁと推測しています。

 

 

 

こんなふうに 個人的な体感で言えば、

 

アトピー で寒気がすごい時というのは、

 

 

外側のアトピー肌の悪化状態に関わらず、

 

 

身体がだるくてしんどくてたまらないという
肌だけでなく 体調不良の時が まず1つ。

 

 

あとは、
あのいやーな

浸出液の汁が止まらない時は異様に寒かったです。

 

 

この浸出液が止まらないアトピーの箇所が多いほど、
 

 
つまり汁の範囲が広いほど、

寒気がひどかったです。

 

 

 

想像ですが、

 

 

アトピー肌+浸出液だと
肌表面がただれていて、

 

 

怪我でいえば 傷口が乾かずむき出し状態で
かさぶたが出来ていない状態。。。

 

 

まぁ、本来の一番外側の肌が汁でじゅくじゅくしていて無い状態、

 

 

つまり外皮が機能していない状態なので、

 

そりゃ寒くて冷えて、寒気が止まらないですよね(汗)

 

 

浸出液ジュクジュク状態で、

 

気温が低い冬 さらに風が強くて寒い日は
本当に寒くてたまりませんでした。

 

 

風が吹くだけで アトピー肌が痛すぎて痒すぎて寒くて、、、
電車がホームに入ってくる風でしかめっ面でした。

 

 

 

こういうアトピーが風で痛い体験があるからか?

 

 
なんとなくですが、
痛風の方の痛みがちょっとだけわかる気がします。。。

 

 

 

そんな風だから、木枯らし吹きまくりの冬の日の
外出は極力避けてましたね。

 

 

寒気で体力が奪われるんですよ。

 

 

これは 体力ありあまっている時には
まったくわかりませんでした。

 

 

 

アトピー用 冬 インナーで悪化を防ぐには?

 

 

この アトピーで寒い問題にどうやって対処したかというと、、、
 

 
一言で言うと、単純に 外の空気から肌を守る対策です。

 

 

 

アトピーで汁グチュグチュ部分のように、

 

 

肌に悪化部分があろうとなかろうと、

 

 
とにかく、出来るだけ肌を覆う!

 

という ひとまずの短期対策を徹底しました。

 

 

というか、外出先ではこの対策法しか思いつかなかったです。

 

 

 

家の中では、
体の内側から温めるような対策も色々出来るんですけどね。

 

 

(ひたすら 布団にくるまっておくとか湯たんぽとか、暖房器具なども)

 

 

それで、寒気対策のために
肌の露出を極力少なくする、肌を覆う対策で

 

大活躍だったのが、

アトピー用の冬インナーす。

 

 

 

直接 アトピー肌に触れる肌着次第で、
寒気の体感がかなり変わりました。

 

 

私が愛用していて、
一番 肌が快適で 寒気がやわらいだのは、

 

やっぱりシルク素材 一択です。

 

 

 

綿や竹布も悪くは無いのですが、
 

 
繊維の構造上 空気を繊維内に含まないからか、

保温力はシルクほどではなかったです。

 

 

 

あと、シルク100%以外の下着では、
 

 
シルクとコットンの混紡の二重構造の
(肌に触れる面が絹 外側が綿で二重構造になっている)肌着が

 

シルクとコットンの良いところどりで
良かったです。

 

 

ちなみに
肌を覆う視点で考えると、
インナー以外にも色々 対策グッズのアイデアが出てきますよ。

 

 

例えば サポーターや包帯などです。

 

 

個人的には、チュビファーストなどのサポーターや包帯は、

 

見た目に目立つのと

 

 

いかにも病気、、、という少し大袈裟な感じが
私は苦手だったので、、

 

 

(あとチュビファーストの締めつけ感も)

 

 

自然にコーディネートに溶け込む
インナーやスカーフなどの

 

 

ファッション小物を選んでました。

 

 

 

アトピーの寒気 対策のコツって?

 

 

これから書くのは、
 

 
アトピー用のシルク肌着、
冬インナーでの寒気対策だけでなく、
 

 

一般的な寒さ対策にも応用できる話です。

 

 

 

「もう 外気があたる部分は
 

 
全て覆って 寒さ対策をした
 

 
それでも まだやっぱり寒すぎる!」

 

 

という時は、

 

 

昔から言われる 頭寒足熱の法則どおりに、

徹底的に下半身の防寒を強化することをおすすめします。

 

 

 

 

冷えを感じる部分の個人差はあるかと思いますが、

 

 

腰から下の下半身を温めたり、

下着や着るものからの対策ならば 重ね着をすると、

 

 

効率的に冷え対策が出来ます。

 

 

 

 

実際 やってみるのが一番わかりやすいのですが、

寒気の和らぎ方の 体感が 全然違うんです。

 

 

特に関節(ここってアトピー出やすい場所ですし)部分
体感として わかりやすいですよ。

 

 

下半身で言えば、足首 ひざ 股関節などです。

 

 

 

それで、

2011年から運営中の
 

 
アトピー用肌着の通販のお客様 Sさまからのメール

寒気対策の参考になりそうなので、紹介致します。

 

 

アトピー用肌着の通販のお客様Sさまより

 

 

 

アトピー肌着通販お客様Sさま

こんばんは お世話になります

 

 

昨日 注文した
アトピー用シルク肌着が無事に届きました

 

 

前回注文した時に
私かなり太いですがLが入りましたので注文しました

 

 
私シルクの下着初めて買うんですが 
 

 
シルクって暖かいですね 

 

 

もう一枚買っておけばよかったなと
後悔してます(^◇^;)

 

 

また販売されるのを楽しみにしています

 

 

 

寒いので
風邪ひかないようにお気を付け下さいね

 

 
三重県 Sさま

 

 

 

Sさま メッセージをありがとうございます^^

 

 

Sさまが購入された肌着は、
 

 
特に アトピー用の 冬 肌着ではなく、

オールシーズン使える 通年用インナーなのですが、

 

下半身を覆うものなので、

 

 

>私シルクの下着初めて買うんですが 
>シルクって暖かいですね 

 

 

↑このように 体感として比較的わかりやすかったのかな、、と
推測しています。

 

 

 

アトピーの寒気対策について 最後に

 

 

アトピーのお客様の話を伺っていると、

脱ステロイド時期も、寒気を感じやすいそうです。

 

 

寒気は本当に体力を奪う、、と強く感じます。

 

 

 

なので、早め早めの対策で
寒いと感じたら 即対策をするのが大事ってこと。

 

 

 

肌着からの対策なら、着るだけですし、

簡単なので、

 

気軽な気持ちで取り入れてみて下さいね。

 

 
 

★上のS様メールにある S様 ご注文の

 

アトピーの寒気や寒さ、冷え対策にもおすすめ
アトピー対策のシルク下着は→ コチラから見れます

 

 

関連記事

アトピー体質改善のため
砂糖断ちを 楽しく継続中♪





  無理なく続ける 砂糖断ち成功のコツ → コチラで  公開してます^^

応援クリックありがとうございます
にほんブログ村 健康ブログ 冷えとり健康法へ

カテゴリー

アーカイブ