アトピーずぼらケアブログ

アトピーレポート 酵素ジュースを飲む直前編 過去に効果的だった断食は嫌だ編

  • 最終更新日:

アトピーレポート 酵素ジュースを飲む前 アトピーのパターン編
からの続きです。

春にアトピー症状がどかっと出やすい私。

2014年の年があけて
これからの春のアトピーのことを思うと
冷や冷やして過ごしてました。

何かアトピー対策で出来るものは?と考えた時に
真っ先に思い浮かんだのが 2009年に全身アトピーが出た時に
効果的だった 断食。

プロフィール欄にも少し書きましたが
真っ赤に腫れていたアトピーが
みるみる引いて 乾燥肌に水分が戻り

身体も軽くなり 肌だけでなく
身体が内側から健康的になったと感じました。

このように アトピーに断食は効果的と
体験しつつも なかなか踏み切れませんでした。

なぜなら 2009年に実施した
甲田療法の食事制限 断食療法の基本は
食べることが大好きで大食いの私にとっては
とてもストイックで厳しい内容だったからです。

具体的な内容は、
生菜食というもので
玄米+青汁+豆腐で、
朝食を摂らない昼食と夕食のみの一日二食です。

修行僧の気分で 食事=楽しいもの だったのに
食事 = 修行 になります。

そして アトピーが綺麗に治って
断食療法をやめた後に
ガマンしていた 肌に良くない お菓子類を
過食しがちになりました。

肌に良くないものを食べ続けていたので
当然のように
甲田式の断食の数年後に また アトピー爆発しました。

ダイエットで言えば リバウンドのようなものです。

この断食 食事制限の体験を通して
食事制限は
いかに我慢のストレス無く 続けられるか?

食事そのものが楽しくなければ難しい と
痛感していました。

ある意味
ダイエットと似ていますね。

断食に変わるものは無いか?と 情報収集していて
これだ!と 目にとまったのが 酵素ドリンクなのです。

続きは↓
アトピーレポート 酵素ジュースを飲む直前編 断食の救世主 酵素編

スポンサーリンク

あわせて読みたい

  1. アトピーの人が酵素ドリンクを飲むときに氣をつけるポイントは?

    2014/04/14

    アトピーの症状が出ていたのでアトピーの排毒を効率的に酵素ジュースでデトックスする方法があるのかも、とアトピーの人が酵素ドリンクを飲むときに氣をつけるポイントをエリカ断食道場SHOPさんにメールで問い合わせしてみました。--...

  2. アトピーの人が避けた方が良い食べ物が酵素ドリンクに入ってないか?

    2014/04/14

    優光泉酵素の 材料を見ていて食物アレルギーを起こしやすい 大豆やキュウイが含まれていたので念のため エリカ断食道場SHOPさんにメールで問い合わせしてみました。---------------------------------...

  3. 私がアトピー対策にサプリメントではなく酵素ドリンクを選んだ理由

    2014/06/10

    アトピー サプリメント 口コミサイトやアトピー サプリのランキングサイトも人気のようですね。ビオチン オメガ3 乳酸菌など腸内環境を整えるサプリなどたくさんあります。以前は サプリメントをあれこれ試していた時期もあったのですが...

  4. 2014年2月中旬~下旬 優光泉酵素を飲み始めて2週間位のアトピーの肌の状態 優...

    2014/04/22

     2014年2月中旬 優光泉酵素を飲み始めて1週間位のアトピーの肌の状態 優光泉酵素ドリンク 口コミレポートからの続きです。酵素ドリンクを2週間ほど 続けて飲んでみてアトピーや体調は どう変わったか?というと、酵素を飲み始め...

  5. 2014年3月上旬 優光泉酵素を飲み始めて4週間(1か月)後のアトピーの肌の状態...

    2014/04/24

    アトピー体質改善のための酵素ドリンク 体験レポート 飲み始め3週間経過編からの続きです。優光泉酵素ドリンクを1か月ほど 続けて飲んでみてアトピーや体調は どう変わったか?というと、首まわりのアトピーの滲出液の量が峠を越えた感じが...

  6. アトピーの私が酵素液を飲みだした理由

    2014/04/10

    当サイトの管理人のあいこです。1970年代生まれの団塊ジュニア世代アラフォーです。私が酵素ドリンクを飲もうと思ったのはアトピー体質を 根本的に体質改善したかったからです。子供の頃から出たり入ったりし続けているアトピー症状、大人...

運営者情報

そら@アトピー用シルク肌着で 着るだけ楽ちんケア! 大人通販 絹騎士

https://deto11.com/page-55.html

カテゴリー

すべての投稿

RETURN TOP