カッピング@自宅ブログ写真有 アトピーへの効果はかゆい時ほど実感

08.112019

アトピーずぼらケアブログの
アトピーおばちゃん店長 そらです。

 

 

自らのアトピー歴30年通して

また、アトピー対策グッズ販売を続ける中、

 

アトピーのお客様の状況をお聞きして、

アトピーケアは ズボラに限る!と 実感しています。

 

 

ずぼらケアの具体的な内容は、
各ブログに投稿していくとして、

 

今回のブログ内容は以下です。

 

 

 

2014年に吸い玉カッピング体験をしてから
すっかりカッピングのファンになり、

 

 

その後 カッピングの機械を購入して
自宅での吸い玉を今も続けています。

 

 

今回 自宅でのカッピング後に

久々に写真撮影したので

 

記録かねて、

吸い玉体験談レポートとして書き残します。

 

 

【ご注意】カッピング終了後の 跡がついてる写真あります。

 

 

 

個人的には
そこまで見た目強烈ではない写真かと思いますが、

苦手な方はご注意くださいね。

 

 

あと
カッピング体験談に加えて、

 

アトピー体質なので

 

アトピーにどのように良いと感じるのか?など

 

 

アトピーに絡めて
体感した事も書いています。

 

 

 

 

カッピングを自宅でやってみたのでブログに写真記録

 

 

2014年にはじめて、
吸玉カッピングを体験しました。

 

 

カッピング体験のきっかけは、
アトピー対策でした。

 

 

2013年の秋からアトピーが激悪化して

 

肌から浸出液の汁が止まらなくなった時に

 

アトピーが辛すぎて 吸い玉整体院に駆け込みました。

 

 

いきなり自宅用のカッピングセットを購入して
吸い玉をはじめたのではなく、

 

 

初回からしばらくは

 

吸い玉を取り入れている整体院で
カッピングを施術してもらっていました。

 

 

水毒体質で

 

水をためこんで滞りやすい むくみ体質の私には

カッピング療法と相性がよく

 

 

汁ビショビショだったアトピーにも高い効果を感じたので
カッピングの機械を購入して

 

 

自宅で自分で セルフカッピングをするようになりました。

 

 

 

吸い玉整体院に駆け込んだ
浸出液まみれのアトピー状態から脱した今でも

 

自宅でのセルフカッピングは習慣の一部になっています。

 

 

電動カッピングの機械は 日常風景の一部で
普段の生活に欠かせないもの。

 

 

なくなったら本当に困ります(汗)

 

 

この間の 2019年8月8日(水)に

久々にカッピング後の写真を撮ったので
記録兼ねてブログに残すことにしました。

 

 

 

さて、

カッピングを自宅でする場合、

 

 

完全に自分一人で 自分の手の届く半位で吸い玉をする
セルフカッピングと、

 

家族にやってもらうカッピングの2パターンです。

 

 

 

今回は 家族にやってもらいました。

 

 

アトピー肌の調子が悪化したから、というよりも、

 

疲れがかなりたまっている感覚があって、

身体が重たい、、、と感じたからです。

 

 

 

この2019年の夏の暑さはキツイですからねー。

 

 

覚書のために 書いておくと、

 

7月中は肌寒くて
7月末の梅雨明け後 突然7月末くらいから

 

連日 35-37度 しかも湿度高めが続いてます@大阪。

 

 

 

 

特に何もしなくても部屋の中で過ごしているだけで
夏ばて しそうです(汗)

 

 

 

それで、
こんな風に全身疲れ 疲労感が抜けないわーって時こそ
カッピング登場です。

 

 

自宅で家族に吸い玉してもらう時は、

背中側中心です。

 

 

なぜなら 背中側はひとりで吸い玉する時に
届かずに カップを設置できないからです。

 

 

 

通っていた吸玉整体院の先生が、

 

 

「吸い玉のカップをあてる場所は、

どんな症状の場合でも 比較的効果が高いのが背中なんです。」

 

って以前おっしゃってました。

 

 

 

このブログの後で書きますが、

 

 

私の場合 アトピー肌の状態が悪い 痒い 湿疹の出ている場所に
吸い玉をすることも多いですが、

 

 

ひたすら集中的に背中に吸い玉をする事による
疲労軽減効果も すごくよくわかるんです。

 

 

それくらい背中は基本のき なのでしょうね。

 

 

というわけで、

 

家族に背中(肩に近い部分)も含め

 

 

自分で吸い玉出来ない場所中心に

じっくり合計1時間弱、カッピングしてもらいました。

 

 

ちなみに カッピングの機械は電動で本格的なものです。

 

 

 

では、当日のカッピング終了後
カッピングの跡が 生々しい写真です。

 

 

個人的には 見慣れているので(笑)

 

そんなにエグい 閲覧注意レベルではないと感じますが、

苦手な人は ご注意くださいませ。

 

 

 

 

●吸い玉カッピング写真 2019年8月8日(水)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真は全て背中側です。

 

おかげさまで 身体全体が軽くなって、
視界がクリアになりました。

 

 

目の周りの重たさがリセットされる感じです。

 

 

身体が楽になると 暑いだるいーってなってましたが、
やる気が起こりますね(笑)

 

 

今回の吸い玉跡写真。

これでも今回はまだマシな方なんですね。

 

 

カッピングカップの曇りも、
カップを外した後の水、水分もそんなに出なかったそうです。

 

 

例えば アトピーで肌の状態が汁っぽくグチュグチュな時は、

 

吸い玉をあてた直後から、

カップの中に吸い出された汁や水分がたまってきます。

 

 

カッピング跡の 色むらは
濃い部分ほど?血(お血)が溜まっていると言われます。

 

 

 

カッピングで体感するアトピーへの効果 私の場合

 

この流れで、アトピー体質の私の場合の、

吸い玉で体感するアトピーへの効果について。

 

 

上では背中全体のカッピングについて書きましたが、

 

今回は背中に限らず、

 

 

アトピーで浸出液など液体が止まらなくなっていたり
湿疹が出ている場所にカッピングをした時に体感したことです。

 

 

これはもう ダントツ1番が、

かゆみ軽減です。

 

 

 

しかもカッピング終了すぐに感じます。

 

 

 

興味深いのが
アトピーの湿疹などで 痒みが強かった場所に吸い玉すると、

 

 

汁が出てきたり 汁が出るまでいかなくても 水分でカップが曇ったり

カップを外した後に、皮膚がこんもり盛り上がります。

 

 

 

リンパか血流かなにかわからないけど、

滞っている部分が
肌の症状として痒みや湿疹として出るんだなあと思っています。

 

 

 

これは、私が 水分を溜め込んでむくみやすい
典型的な水毒体質だからだと想像しています。

 

 

 

アトピーのかゆみ地獄って 本当にキッツイので

 

もうこのかゆみがマシになるって事だけで、

 

 

カッピング最高って 個人的に思ってますね。

 

 

 

 

というわけで 自分のアトピーに対して感じるカッピング効果ナンバーワンは

痒み軽減、です。

 

 

これ以外は、

 

アトピー独特の湿疹部分の
熱感 熱こもり むくみ腫れがマシになること。

 

 

 

特に 上半身 中でも鎖骨から上は
上記の不快感を感じやすく

 

 

のぼせ状態はしんどいから、、
とても助かってます。

 

 

 

あと マニアックなことをいえば、

 

 

物理的に 浸出液の汁をカッピングで吸い出すからか、

 

 

アトピーでジュクジュクと汁で湿っていた部分の乾燥が進むことで、

 

 

結果的に 肌の回復サイクルがスピードアップするように感じます。

 

 

 

カッピング直後に 汁や血が出てるってことは
肌の一部が破れているという事なので、

 

 

見た目は なかなかホラーで大丈夫なのか?って思うんですが。

 

 

その後の肌の回復力って意外とスピーディなんです。

ただ、こういう跡に耐えられないという場合には、

キツイでしょうね。。。

 

 

カッピング かゆい時に普段からやってます

 

本当は 疲れのたまりにくい身体になって、

 

 

アトピー肌のかゆみだけでなく
肌や身体に違和感をほとんど感じない♪

 

 

だから カッピングの必要性を感じない、
というのが理想なのでしょう。

 

 

子供の頃からアトピー体質で
虚弱体質 何事にも敏感体質だったので、

 

 

本当にあれこれ健康法などを試して 取り入れてきた結果、

 

 

 

以前より少しはコントロールするという技も身につけ、

 

 

激しくアトピー悪化する ということは激減しましたが、

 

 

それでも やっぱり
もともとの体質はそう変わってないと感じます。

 

 

 

やっぱり 疲れやすいし

 

何につけても敏感で

 

 

メンタルも切り替え下手で
あれこれ悩みを引きずりがちだし、

 

 

 

体調不良 調子悪いなという時は
真っ先に肌トラブルに現れます(涙)

 

 

 

肌トラブルとは、例えば、

 

 

アトピーまでいかなくても

 

蕁麻疹だったり 口角炎 口内炎だったり

 

 

ちょっとした乾燥 湿疹かゆみ 汗疹 草にかぶれる

 

 

指のあかぎれ 手湿疹 や かぶれ、など。

 

 

 

実際 湿疹や 手湿疹 あかぎれ
かゆみ 乾燥などの肌トラブルは

 

アトピー持ちの私の場合、

実質 アトピーとの境界線はあいまいなんです。

 

 

 

なので こういう アトピーの前兆?

 

放っておくと慢性アトピーになりそうな肌トラブルの時、

 

 

特に なんか痒い、、気になるという時は

カッピングするようにしています。

 

 

 

吸い玉を
するようにしているというより、ほぼ無意識かも(笑)

 

 

 

それくらい はじめての整体院でのカッピングで

 

 

しんどい痒みが楽になったー!という体験が
強烈だったんでしょうね。

 

 

かゆみの感覚って

 

幼い頃から常に身近にあるんだなぁと
実感しています。

 

 

 

アトピーおばちゃん店長のズボラ振り返りまとめ

 

 

そんなわけで、かゆみが常に近いところにある私にとっては

 

 

かゆみ → カッピング という図式で、

 

 

カッピングは生活の一部になっている理由が

今回ブログに書いてみてよくわかりました(笑)

 

 

なるほど、そりゃぁ、カッピングの機械を購入して

自宅に置いておき、

 

いつでも思いついた時にカッピングしたくなるはずですね(笑)

 

 

こうしてブログに書いてみることで
気づくことが出来て良かったです^^

 

 

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。