アトピー肌着にユニクロ エアリズムの口コミ かゆい時の代わりの素材は?

09.012019

アトピーずぼらケアブログの
アトピーおばちゃん店長 そらです。

 

 

自らのアトピー歴30年通して

 

 

また、アトピー対策グッズ販売を続ける中、

 

アトピーのお客様の状況をお聞きして、

アトピーケアは ズボラに限る!と 実感しています。

 

 

ずぼらケアの具体的な内容は、

 

各ブログに投稿していくとして、

今回のブログ内容は以下です。

 

 

今回ブログでは
アトピーのお客様の口コミ体験談の紹介します。

 

 

具体的には、
アトピー体験を活かして運営中の

 

 

アトピー用肌着通販のお客様から頂いた
ユニクロ エアリズムの体験レポートを踏まえて、

 

 

ユニクロ肌着について&

 

アトピーの時の
下着選びのポイントをお話したいと思います。

 

 

 

アトピーの肌着にユニクロは大丈夫?

 

 

アトピーで敏感肌で

 

「肌着はお値段がお手頃な
ユニクロインナーが合えばいいなぁ」

 

 

って思ってました。

 

 

 

アトピー症状が重かった
浸出液の汁が止まらない時ほど思っていました。

 

 

 

リンパ液時期の肌着は まさに消耗品という感じです。

 

 

結果的にアトピーの私の場合は化繊が苦手で、

 

 

シルク下着が一番肌に合い、楽だったので、

ほとんどユニクロ肌着を使わなかったです。

 

 

 

アトピーのお客様からの話を伺っていると、

 

 

アトピーの時は特に、
ユニクロで肌着や服を買いたいという方が多いです。

 

 

 

で、結論を先に言うと、

 

 

ユニクロの中でも 肌触りが柔らかく 表面がなめらかで、

 

 

素材が綿100など天然繊維の配合

または 天然素材多めの混紡素材で、

 

 

普段 コットン100%でアトピー反応しないのなら

ほぼ大丈夫かと思います。

 

 

 

肌着カテゴリーじゃなくても

 

 

薄くてやわらかい素材の服(Tシャツやカットソー)を
インナーとして活用しても良さそうです。

 

 

 

ユニクロはお手頃価格のイメージもありますし、

 

 

定番品として綿100%のコットン素材を扱っていそう、
と思っていました。

 

 

 

ですが 服も下着も意外と綿100って少ないんですね。
季節外れなのかしら?うーむ。

 

 

 

昔はもっと綿100%のコットン商品が
置いてあったような気がします。

 

 

 

それに シルク素材の服も置いてあったのになぁ。残念です。

 

 

 

あ、天然素材でも

 

麻は表面が比較的固くて、ゴワゴワしているケースがあるので
気をつけてくださいね。

 

 

 

また 天然素材ではない化繊100%でも
表面がなめらかで薄くてやわらかい肌着や服がありますが、

 

 

アトピーのお客様からの体験談を伺っていると

 

やはりアトピー肌には負担なのかも、
と感じるケースが結構あります。

 

 

薄くてなめらかな化繊は、肌ざわりとしてはOKなのですが、

 

汗で蒸れやすかったり、

 

要は 本来の肌呼吸が出来ない感があるのです。

 

 

 

抽象的な表現ですが、

 

アトピー出てたり敏感肌だったら
きっと感覚的に伝わりそうです。

 

 

 

「なんだか 肌が息苦しい。。。」という感覚なのです。

 

 

そういう肌感覚は気にならないし、

 

 

アトピーが悪化さえしなかったらOKという場合は
良いと思います。

 

 

 

ユニクロ エアリズムでアトピーを掻いてしまう体験談

 

 

今回 アトピー用肌着の通販ショップのお客様の

 

神奈川県の Mさまから
ユニクロ エアリズムの体験談メールを頂きました。

 

 

 

アトピーの私にも

とてもためになる有益な生の口コミのお声を
掲載させて頂きます。

 

 

 

その前に ユニクロ エアリズムの素材を確認すると、

 

 

ポリエステル中心で
1割ほどポリウレタンが入る化繊100%のようです。

 

 

(素材の割合は
購入時のタイミングや購入アイテムによって多少違います)

 

 

メイン素材のポリエステルが 速乾性に優れています。

 

 

そのため 汗をかいてもすぐ乾く、蒸れにくい という事で、

 

 

ユニクロの夏の定番肌着のようです。

では M様からのメールです。

 

 

 

シルクの肌着を身につけていると

肌がしっとりと落ち着く気がします。

 

 

シルクは1枚しか持っていないので

 

 

暑がりなためユニクロのエアリズムを着る事が多いのですが

 

 

やはりトイレに行った時等は解放感から
背中や腰周りを掻いてしまいます。

 

 

 

シルクだとほとんどそのような事がないですね。

 

 

毎回そらさんのブログを参考に色々と試しておりますので

今後も配信よろしくお願い致します。

 

 

神奈川県 MHさま

 

 

 

Mさま 貴重な体験をお聞かせくださり、ありがとうございます。

 

 

いつもマメにメールを下さり、ありがたいです^^

 

 

 

まぁ、トイレは ほっと力の抜ける場所ですし、
そういう ほっとした瞬間って 思い出したように痒くなりますよね。

 

 

 

自宅に到着して

 

ほっとゆるむと とたんに痒くなるのは、
アトピー改善した今でも 私はちょくちょくあります。

 

 

 

それで、個人的な仮説ですが、

 

 

ユニクロ エアリズム(またはヒートテック)のような

 

機能性下着によくある、

速乾性の機能が肌への負担をかけているのかも、と感じます。

 

 

 

肌表面で 激しく化学反応が起こっている、
例えば、静電気が発生し続け刺激を感じるイメージなんです。

 

 

そのため 肌とエアリズムの間が乾燥しがちになって、

それが痒みの引き金になるのかもしれませんね。

 

 

 

また、以下のシルク下着との比較も わかりやすかったです。

 

 

 

 

シルクは1枚しか持っていないので

 

暑がりなためユニクロのエアリズムを着る事が多いのですが

 

 

やはりトイレに行った時等は解放感から
背中や腰周りを掻いてしまいます。

 

 

シルクだとほとんどそのような事がないですね

 

 

 

シルクが肌に合う場合に限りますが、

シルクだと 肌ストレスが楽になり、

シルク下着を着用中に リラックスされているので、

 

 

トイレで ほっとして、ゆるんでも、
痒みが出にくいのかもしれませんね。

 

 

 

逆に言えば、合わない化繊インナーなどで、

 

肌や身体が緊張して ストレスでガチガチ状態であるほど、

ホッとした時のリラックス状態と差が開いていて、

 

 

その差が つい掻いてしまう、、につながるのかもしれません。

 

 

 

 

エアリズムでかゆい時 アトピー用肌着でおすすめ素材は?

 

 

これは、細かく言えば、

 

 

アトピー対策として

「肌着インナーに何を求めるか?」によって
変わってきます。

 

 

 

 

ここでは、

ユニクロエアリズムを検討中ならば、

 

 

エアリズムの特徴は速乾なので、

 

 

汗や水分を速やかに吸収して、ジメジメしたムレを何とかしたい

という傾向かな?と推測して進めていきますね。

 

 

 

汗でかぶれたり
汗をかくことで

アトピーの痒みが出るケースもありますしね(私もです)

 

 

 

吸汗速乾に重きをおいた時、

 

 

じゃあ、エアリズムでかゆくなったり、
肌に合わないならば、

 

 

代わりにどのような素材を選べばよいのか?というと、

 

 

アトピー肌におすすめなのは、

天然素材でいえば 絹シルクです。

 

 

肌を刺激しない素材といえば、

大抵、綿100%と考えますよね。

 

 

 

だけど、

 

綿100%のコットン素材は、

汗や水分の吸収力は抜群なのですが、

 

 

吸収した汗を繊維の外に出すのが苦手という特徴があります。

 

 

 

雨で濡れたデニムや

洗濯したデニムが なかなか乾かない事からも

想像しやすいかと思います。

 

 

 

対してシルクは、

汗や水分の吸収力は 綿の1.5倍と言われています。

 

 

さらに、吸収した水分を放湿する力も綿より高いです。

 

 

むしろ 水分を線以内にとどめておくのが苦手という特徴があります。

 

 

シルク原料の蚕の繭の機能を考えると、
わかりやすいです。

 

 

繭は中の幼虫を守る機能がありますので、

 

 

繭がいつまでも濡れたままだと
蚕の幼虫が冷えて生命を守ることが出来ませんね。

 

 

ただ、コットンの中でも、

 

 

とても薄くてすぐに乾きやすそうな素材のものや

 

 

メッシュの網目状になっているなど編み方に工夫が有り

 

 

通気性に工夫があれば

ある程度 速乾性をキープ出来そうです。

 

 

 

また、今回このブログで
口コミ体験談を掲載させていただきましたが、

 

 

ユニクロのエアリズムを
やみくもに否定するつもりはありません。

 

 

今回の内容が全てとは思っていません。

 

 

アトピーあっても、

シルクアレルギーのケースだと

逆に化繊の方がいいという方もいらっしゃる可能性もあります。

 

 

 

私自身のアトピーが
シルク肌着や服の活用で本当に楽になったので、

 

シルク素材の話ばかりですが、

本当にアトピーの時ってしんどくてたまらないので、、、

 

 

 

例えシルク以外の素材だったとしても、

肌に合う 優しい 素材に出会えるよう願っています。

 

 

 

あきらめずに 色々試してみてくださいね。

 

 

 

アトピー肌に負担をかけない下着に出会えると

本当に 着るだけで ある程度対策出来るので、

アトピー疲れ ストレスが楽になりますよ^^

 

 

 

アトピーおばちゃん店長のズボラ振り返り

 

 

ちなみに M様メールに書かれていた

シルク肌着は

アトピー歴30年のおばちゃん店長の私が運営している

アトピー用肌着ショップの

→ こちらのアトピー専用の肌着 のことです。

 

 

今時 珍しい?超アナログのお店ですが(笑)

良かったら ご参考頂けたら幸いです。

 

 

 

おすすめ記事を表示するためには、あらかじめ記事編集画面にあるカスタムメタボックスより「おすすめ記事」を選択してください。